[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米誌フォーブスが選ぶ「2019年期待の5大マッチ」に選出 その相手とは?

来春に予定されているボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。ロドリゲスを倒せば、来年のWBSS決勝も戦うことになる「The Monster」だが、米経済誌「フォーブス」では2019年のボクシング界5大マッチを選定。山中慎介戦の体重超過でタイトル剥奪となったWBC元世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)戦を挙げている。

WBSSバンダム級で準決勝に進んでいる井上【写真:Getty Images】
WBSSバンダム級で準決勝に進んでいる井上【写真:Getty Images】

米フォーブスが2019年に期待する「5大マッチ」を選出

 来春に予定されているボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。ロドリゲスを倒せば、決勝も戦う「The Monster」だが、米経済誌「フォーブス」は2019年のボクシング界5大マッチを選定。山中慎介戦の体重超過でタイトル剥奪となったWBC元世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)戦を挙げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 権威あるリング誌の表紙を日本人史上初めて飾ることになった井上だが、ついに米大手経済誌にまで「NAOYA INOUE」の名前が登場した。「これから挙げる5つのファイトはすべてのボクシングファンの願いだ」と特集では、来年実現が期待される5大バトルを紹介。大トリに登場するのはモンスター対“問題児”の一戦だった。

「熱心なファイトファンでなければ、彼らを知らないかもしれない。それは残念だ。ナオヤ・イノウエとルイス・ネリは無敗のバンタム級王者だ。ネリはKO率78パーセント、イノウエはとてつもない88パーセントだ」

 記事ではこう分析しているが、ネリは屈指のお騒がせ男だ。昨年8月の王者・山中とのタイトルマッチで4回TKO勝ちを収めたが、試合後にドーピング検査で陽性反応を示していた。今年3月に再戦したが、今度は前日計量で3ポンド(1.36キロ)体重を超過。試合はネリが勝利したが、前日の時点で王座を剥奪されていた。

 WBCから半年間資格停止処分を受けたネリだったが、10月にWBCバンタム級シルバー王者決定戦でジェイソン・カノイ(フィリピン)と対戦。3回TKO勝ちで王座獲得していた。

 一方、井上は現在WBSSに参戦中。記事では「もし、彼が優勝すれば、WBAスーパー王者、IBF、WBO王者となる。ネリにはWBCの王冠しか残されていない」と現状のバンタム級戦線を紹介。そして、「もし、イノウエが躍動し、破壊的であり続けるなら、彼は2019年の最後にネリとの年内3試合目を戦うことは可能だろう」と予想している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集