[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、13日後の衝撃! 世界記録更新110.53点、首位発進に会場総立ち

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日、男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が110.53点をマーク。第3戦フィンランド大会(3日)で自身がマークした世界最高得点を塗り替える衝撃の演技を披露し、GPシリーズ10勝目に王手をかけた。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

2週前のフィンランド大会で記録した106.69点を塗り替える衝撃の新記録

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は16日、男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が110.53点をマーク。第3戦フィンランド大会(3日)で自身がマークした世界最高得点を塗り替える衝撃の演技を披露し、GPシリーズ10勝目に王手をかけた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ヘルシンキの衝撃からわずか13日、今度はモスクワに熱狂が走った。「秋によせて」に乗せ、リンクを舞った羽生。冒頭の4回転サルコウを完璧に決めると、勢いに乗った。会場を一気に引き込み、美しい表現力を披露。その後もミスもない演技で滑り切り、圧巻の滑りを見せつけた。モスクワに駆け付けた日本人ファンも熱狂。総立ちとなって大歓声を送っていた。

 フィンランド大会ではルール改正後、世界最高となる106.69点をマーク。「秋によせて」をかつて演じたジョニー・ウィアー氏も「ユヅル・ハニュウがグランプリ・フィンランド大会男子において106.69点の世界新記録でリード。絶対的に素晴らしいスケーティング」と絶賛していたが、2週間たらずで羽生が“羽生超え”で再び、世界にインパクトを与えた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集