[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

防御率1点台のCY賞はリーグ18年ぶり! 殿堂入り右腕以来快挙を米称賛「彼の時代」

米大リーグは14日(日本時間15日)、今季の「サイ・ヤング賞」を発表。ア・リーグはレイズのブレイク・スネル投手、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム投手が選ばれた。スネルは防御率1点台での受賞で、これはア・リーグでは2000年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)以来の快挙。MLBは公式SNSで今季の圧巻投球のハイライトを公開。ファンからは「史上最高」「これから彼の時代が来る」などと喝采が上がっている。

レイズのブレイク・スネル【写真:Getty Images】
レイズのブレイク・スネル【写真:Getty Images】

サイ・ヤング賞が決定、ア・リーグで防御率1点台の投手の受賞は18年ぶり

 米大リーグは14日(日本時間15日)、今季の「サイ・ヤング賞」を発表。ア・リーグはレイズのブレイク・スネル投手、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム投手が選ばれた。スネルは防御率1点台での受賞で、これはア・リーグでは2000年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)以来の快挙。MLBは公式SNSで今季の圧巻投球のハイライトを公開。ファンからは「史上最高」「これから彼の時代が来る」などと喝采が上がっている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 160キロに迫るフォーシーム、抜群の落差を誇るカーブ、140キロ近いチェンジアップを駆使し、快投を続けたメジャー3年目の25歳スネル。過去2年で計11勝だったサウスポーが一気に飛躍を遂げ、両リーグ通じて最多の21勝(5敗)、同じく最高となる防御率1.89と驚異的な数字を残した。

 MLBは公式ツイッターで圧巻投球のハイライトを公開。さらに公式インスタグラムでは、あの伝説の219勝右腕ペドロ・マルティネスと並べて対比させる画像を掲載し、スネルの快挙を称えている。

 同インスタグラムによると、DH制のア・リーグのサイ・ヤング賞を防御率1点台で受賞したのはスネルと2000年に18勝(6敗)、防御率1.74で受賞したペドロ・マルティネスだけだという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集