[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【14日の戦力動向】巨人がマギー&カミネロの退団発表 西武は高橋朋と育成契約

プロ野球の巨人は14日、外国人の去就を発表。テイラー・ヤングマン投手、サムエル・アダメス投手、クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手、ホルヘ・マルティネス内野手と来季契約を結ぶ一方で、アルキメデス・カミネロ投手、ケーシー・マギー内野手には来季契約を結ばないことを通知したと明らかにした

巨人は外国人選手の去就を発表
巨人は外国人選手の去就を発表

マギー、カミネロが退団、マシソン、ゲレーロら6選手が残留

 プロ野球の巨人は14日、外国人の去就を発表。テイラー・ヤングマン投手、サムエル・アダメス投手、クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手、ホルヘ・マルティネス内野手と来季の契約を結ぶ一方で、アルキメデス・カミネロ投手、ケーシー・マギー内野手には来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。また、スコット・マシソン投手、アレックス・ゲレーロ外野手については、複数年契約を結んでおり来季も契約を残している。

【最新版】巨人の外国人の去就が決定 マギー、カミネロが退団、あの選手の去就は…? <12球団の戦力外・引退・退団全一覧>

 マギーは巨人加入2年目の今季、132試合出場で打率.285、21本塁打、84打点をマーク。主軸を打ち、チームに貢献したが、37歳を迎える来季の契約を結ばなかった。カミネロは入団1年目の昨季はストッパーを務め、3勝5敗29セーブ4ホールド、防御率2.42と活躍したが、今季は20試合登板で1勝1敗11セーブ2ホールド、防御率5.79に終わっていた。

 また、西武は與座海人投手、高橋朋己投手と2019年の育成選手契約を締結したと発表した。高橋朋はリリーフ左腕として結果を残し、2年目の2014年にはシーズン途中から守護神を任され63試合登板で2勝1敗29セーブ13ホールド、防御率2.01とブレイク。しかし、その後は度重なる負傷に苦しみ、今季は1試合のみの登板に終わり、シーズン終了後に来季の契約を結ばない旨が伝えられていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集