[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 京都精華学園が103点圧勝V 下級生2人で計60点、指揮官「計算狂ったくらい活躍した」

京都精華学園が103点圧勝V 下級生2人で計60点、指揮官「計算狂ったくらい活躍した」

 バスケットボールの第38回京都府高校選手権大会兼第71回全国高校選手権大会京都府予選(ウインターカップ京都府予選)が10日、ハンナリーズアリーナで開催された。女子決勝は京都精華学園が紫野に103-67で勝利し、12月23日から開催されるウインターカップの出場権を手に入れた。

3年連続の優勝を果たした京都精華学園【写真:青木美帆】
3年連続の優勝を果たした京都精華学園【写真:青木美帆】

ウインターカップ京都府予選を制して全国へ

 バスケットボールの第38回京都府高校選手権大会兼第71回全国高校選手権大会京都府予選(ウインターカップ京都府予選)が10日、ハンナリーズアリーナで開催された。女子決勝は京都精華学園が紫野に103-67で勝利し、12月23日から開催されるウインターカップの出場権を手に入れた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 女子では珍しい100点ゲームの立役者は、2人の下級生だった。U-16女子日本代表の高橋未来(2年)が24得点、この予選から出場機会を手に入れた荻田美(1年)が3ポイント6本を含む36得点……。山本綱義コーチは「びっくりしました。この2人は計算が狂ったくらい活躍してくれました」と手放しで褒めつつ、ベンチ入りしている3年生の元気のなさを気にかけた。

「3年生がね、5人の元気がないなと。プレッシャーに負けているんでしょうね。『3年だから頑張らないかん』と」

 キャプテンの石島侑果(3年)を筆頭に、当事者たちももちろんそのことを自覚している。石島は苦笑いで「話すことが苦手で、意思疎通があまりできない選手が多い。共通理解が持てていないのが弱みです」と話す。

 この決勝に限らず、下級生が思い切りいいプレーでチームを盛り立てることは、府予選を通しての傾向だったという。下級生への感謝を口にする石島に「最上級生として悔しさはなかった?」と少し意地悪な質問をすると、こんなことを明かしてくれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー