[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 東山が奇襲で“冬に強い”ライバル撃破V「『おっ?』と思わせることができた」

東山が奇襲で“冬に強い”ライバル撃破V「『おっ?』と思わせることができた」

バスケットボールの第38回京都府高校選手権大会兼第71回全国高校選手権大会京都府予選(ウインターカップ京都府予選)が10日、ハンナリーズアリーナで開催された。男子決勝は東山が洛南に79-59で勝利し、ウインターカップの出場権を手に入れた。

準決勝までとは異なるスタメンを起用し、スタートダッシュに成功した東山【写真:青木美帆】
準決勝までとは異なるスタメンを起用し、スタートダッシュに成功した東山【写真:青木美帆】

ウインターカップ京都府予選、洛南とのハイレベル決戦制して全国切符

 バスケットボールの第38回京都府高校選手権大会兼第71回全国高校選手権大会京都府予選(ウインターカップ京都府予選)が10日、ハンナリーズアリーナで開催された。男子決勝は東山が洛南に79-59で勝利し、ウインターカップの出場権を手に入れた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 各クォーターのスコアは17-14、21-10、19-13、22-22。出だしから終始東山のペースで進んだゲームだったが、東山・大澤徹也コーチの試合後の第一声は「疲れました」だった。

「何が起こるか分からないので、最後の最後まで気が抜けない試合でした」

 この試合は、福岡(福岡第一―福岡大大濠)に次ぐハイレベルな都道府県予選決勝と目されていた。両校の選手が主力で構成された国体では堂々の3位入賞。洛南は笹山陸(3年)、飯尾文哉(3年)、星川堅信(2年)と3人の日本代表・代表候補を抱えており、なおかつ「冬に強い」というイメージが非常に強い。実際、昨年は洛南が東山を倒してウインターカップに進んだこともあり、大澤コーチの懸念も当然のものと言えるだろう。

 洛南が冬に強いのならば、東山は冬に弱いということになる。その思いにとらわれがちだった選手たちを盛り立てるために、大澤コーチはある奇襲を用意した。準決勝まで控えだった高柳優也(3年)とムトンボ・ジャン・ピエール(1年)をスターティングメンバーに据え、水曜日から練習を行ってきたのだ。

「洛南さんはピエールとの対戦経験がないのでやりづらかったと思います。ちょっと『おっ?』と思わせることができて、ゲームの入りをつかめた印象です」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー