[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 紀平梨花、3A2発の大逆転Vに米記者も衝撃「驚異的怪物」「ザギトワを凌ぐ出来だ」

紀平梨花、3A2発の大逆転Vに米記者も衝撃「驚異的怪物」「ザギトワを凌ぐ出来だ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が3回転アクセルを2本決めるなど、完璧な154.72点をマーク。合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。米国の名物記者も「驚異的怪物」「ザギトワを凌ぐほどの出来だ」と手放しで賛辞を送っている。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

米名物記者も手放しで絶賛「リカ・キヒラについて何も言うことはない」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が3回転アクセルを2本決めるなど、完璧な演技で154.72点をマーク。合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。米国の名物記者も「驚異的怪物」「ザギトワを凌ぐほどの出来だ」と手放しで賛辞を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 広島から世界にインパクトを与える演技だった。紀平は冒頭で3回転アクセルのコンビネーションジャンプを着氷。すると、怖いものなしの16歳は勢いに乗った。続く単発の3回転アクセルも高い跳躍から綺麗に決めた。中盤以降も次々とジャンプを着氷させ、完璧に演じ切った。渾身のガッツポーズを炸裂させ、合計224.31点をマーク。5位から逆転Vを飾ってみせた。

 フィギュア界に20年以上携っている米国の名物記者、ジャッキー・ウォン氏も大興奮だ。3回転アクセル2本の実際の瞬間を「驚異的怪物だ」と最大級の賛辞とともに、ツイッターで動画付きで公開。演技直後に「このフリーは彼女が勝つべきだ。キヒラの出来は金を獲るのに十分だろう?」「私はリカ・キヒラについて何も言うことはない」と手放しで絶賛した。

 さらに、アリーナ・ザギトワ(ロシア)のフリー世界最高得点にあと4点に迫る得点が出ると「最近のフリーの世界最高はアリーナ・ザギトワの158.50。だけど、私はキヒラはそれを凌ぐほどの出来だったと思う」と記し、ウォン記者自身は“ザギトワ超え”の価値があると高く評価していた。

 GPデビュー戦、SPでミスがありながらフリーで5位から大逆転を演じた16歳。規格外の強さを誇る紀平の存在感は一気に国際舞台で知れ渡った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー