[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ケンブリッジ、10秒31でセイコーGP2着、新鋭・多田修平3着 ガトリンが優勝

ケンブリッジ、10秒31でセイコーGP2着、新鋭・多田修平3着 ガトリンが優勝

陸上のセイコーゴールデングランプリは21日、等々力陸上競技場で行われ、男子100メートル(向かい風1.2メートル)でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒31で2着。新鋭・多田修平(関学大)が3着、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)は4着。

セイコーGP男子100メートル、注目対決のサニブラウンは4着

 陸上のセイコーゴールデングランプリは21日、等々力陸上競技場で行われ、男子100メートル(向かい風1.2メートル)でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒31で2着。新鋭・多田修平(関学大)が3着、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)は4着。04年アテネ五輪金メダルで16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのジャスティン・ガトリン(米国)が10秒28で制した。

 ケンブリッジとサニブラウンとともに日本人初の9秒台を狙う逸材。今季初対決となった13日のダイヤモンドリーグ上海大会ではケンブリッジが10秒19で4着、10秒22で5着のサニブラウンに先着していたが、再び実現した対決でも先着した。

 しかし、期待された9秒台には届かなかった。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー