[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 衝撃デビューの“レブロン2世”をウォリアーズHCが絶賛「どうやら次の選手が現れた」

衝撃デビューの“レブロン2世”をウォリアーズHCが絶賛「どうやら次の選手が現れた」

全米大学バスケットボールが本格的に開幕。将来のNBA候補生たちの競演に注目が集まっているが、2019-20年のNBAドラフトで1巡目指名が有力視されるのがデューク大のザイオン・ウィリアムソン。204センチ、129キロの規格外のサイズから、強烈なダンクを繰り出し、デビュー戦で28得点をマーク。圧巻プレーを米放送局が動画で公開し、脚光を浴びせていたが、NBAのウォリアーズのヘッドコーチ(HC)も絶賛している。米紙が報じている。

レブロン・ジェームズと比較される才能の持ち主、デューク大のザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】
レブロン・ジェームズと比較される才能の持ち主、デューク大のザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】

大学デビュー戦で大暴れした黄金ルーキーをNBAのHCが絶賛

 全米大学バスケットボールが本格的に開幕。将来のNBA候補生たちの競演に注目が集まっているが、2019-20年のNBAドラフトで1巡目指名が有力視されるのがデューク大のザイオン・ウィリアムソン。204センチ、129キロの規格外のサイズから、強烈なダンクを繰り出し、デビュー戦で28得点をマーク。圧巻プレーを米放送局が動画で公開し、脚光を浴びせていたが、NBAのウォリアーズのヘッドコーチ(HC)も絶賛している。米紙が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 満点のデビューを飾った。6日(日本時間7日)に行われたケンタッキー大との一戦。第1クオーター、スティールした味方からのパスを受けたウィリアムソンは、ゴール正面のフリースローライン付近から踏み切ると、圧倒的な跳躍力で豪快にリングに叩き込んだ。

 規格外の体格から繰り出されたダンクは、リングが破壊されそうなほどパワフルだった。超高校級として騒がれた18歳が、大学の公式戦デビュー戦で28得点7リバウンドと大暴れ。第2クオーターにはハエ叩きブロックからの見事なパスも披露した18歳を、米紙「ワシントンポスト」が脚光を浴びせている。

「スティーブ・カー ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームスの比較について、質問しないでくれ」

 同紙はこうタイトルをつけてを特集。「ザイオン・ウィリアムソンの雷のようなダンクの広がりを見れば、カレッジ・スクールのレベルの高さが伺える。デューク対ケンタッキーの開幕戦では、6.7フィート(約204センチ)、285ポンド(約129キロ)の新入生が印象的なスキルを見せた、この活躍でNBAのコーチも称賛を送っている」と報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー