[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本との格差は開く一方」 韓国女子バレー29連敗の凋落ぶりに母国紙嘆き「黄金世代が去り…」

バレーボールの女子ネーションズリーグ(NL)が16日(日本時間17日)、ブラジル・リオデジャネイロで行われ、世界ランキング41位の韓国は同3位のブラジルに0-3(15-25、19-25、17-25)のストレート負けを喫した。大会29連敗となり、韓国メディアは15日(同16日)に世界ランキング1位のトルコを破った日本と比較。「格差は開く一方だ」と嘆きが止まらない。

ネーションズリーグで韓国がブラジルに0-3で敗戦した【写真:Getty Images】
ネーションズリーグで韓国がブラジルに0-3で敗戦した【写真:Getty Images】

東京五輪の4位から転落…ブラジルに0-3完敗

 バレーボールの女子ネーションズリーグ(NL)が16日(日本時間17日)、ブラジル・リオデジャネイロで行われ、世界ランキング41位の韓国は同3位のブラジルに0-3(15-25、19-25、17-25)のストレート負けを喫した。大会29連敗となり、韓国メディアは15日(同16日)に世界ランキング1位のトルコを破った日本と比較。「格差は開く一方だ」と嘆きが止まらない。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 韓国紙「イルガンスポーツ」が「日本はトルコを破ったのに……。ブラジルに完敗の韓国はNL29連敗」という記事で伝えている。韓国は20点を奪うセットすらなく「第2セット半ばまで薄氷の勝負をしただけで、セット後半に崩れる公式は相変わらずだった。第3セットではサーブレシーブも大きく揺れた」。2021年から大会29連敗という。

 韓国は14日(同15日)に行われた中国戦でも0-3(15-25、16-25、14-25)のストレート負け。記事は「韓国バレー協会は代表チームの指揮官を変え、ネーションズリーグなど国際大会での競争力確保を狙った。まだチームとして手足を合わせていくらにもならないとはいえ、大きな変化は感じられない」と手厳しい。

 2021年東京五輪で4位に入り、国内で“4強神話”と称えられた。当時は日本を予選リーグで、トルコも準々決勝で破ったことを伝え「キム・ヨンギョンやヤン・ヒョジンら黄金世代が代表を去った後、暗黒期が続いている」と世代交代を果たせていない凋落ぶりを嘆いている。

 さらに、比較対象とみてきた日本の躍進を「この大会、グループリーグでは22連勝を続けてきた世界ランキング1位のトルコをセットカウント3-2で下した。エース古賀紗理那が31得点を記録し、攻撃を引っ張った」と伝えている。最後に「日本との格差は開く一方」と、東京五輪以降の状況を嘆いた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集