[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、ATPファイナル出場に前進 骨折デルポトロの欠場が正式決定で圏内浮上

男子テニスの世界ランク4位フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が右膝蓋骨骨折のため、ATPファイナル(11月11日開幕・ロンドン)を欠場することが正式に決まった。アルゼンチン人記者が明かしている。これにより、現在年間ポイント9位の世界ランク11位錦織圭(日清食品)が圏内に浮上した。

デルポトロのATPファイナル欠場が決まり、錦織が圏内に浮上した【写真:Getty Images】
デルポトロのATPファイナル欠場が決まり、錦織が圏内に浮上した【写真:Getty Images】

アルゼンチン人記者がデルポトロの欠場決定をツイート

 男子テニスの世界ランク4位フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が右膝蓋骨骨折のため、ATPファイナル(11月11日開幕・ロンドン)を欠場することが正式に決まった。アルゼンチン人記者が明かしている。これにより、現在年間ポイント9位の世界ランク11位錦織圭(日清食品)が圏内に浮上した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 デルポトロは今月11日の上海マスターズ3回戦、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)戦で右膝を故障。年間ポイント3位で獲得していたファイナル参戦は厳しい状況となっていたが、懸命のリハビリでぎりぎりまで出場の可能性を探っていた。

 だがアルゼンチンのニュースサイト「LA NACION」のセバスティアン・トロク記者が30日、ツイッターを更新。「デル・ポトロは膝の骨折から回復している。しかし、リスクをとらず、ロンドンでのマスターズカップ(ATPファイナル)に出場しない」とツイート。正式に欠場することを明かしている。

 錦織にとっては追い風だ。これにより年間ポイントの上位9位までに出場枠が拡大。現在錦織は9位で、出場圏内に入った。ただ予断は許さない。残る3枠を年間ポイント7位のマリン・チリッチ(クロアチア)、同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)、同10位のジョン・イスナー(米国)と争う構図で、ファイナル前の最終戦、パリ・マスターズの結果次第ではイスナーに抜かれる可能性もある。パリ決戦は熱く盛り上がりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集