[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、米メディア注目度上昇 ベガス紙は「日本史上最も人気のボクサー」と紹介

村田諒太、米メディア注目度上昇 ベガス紙は「日本史上最も人気のボクサー」と紹介

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。ボクシングの本場で行われるトップランク社の興行開催で大トリを務める村田のV2戦に、地元メディアは「日本のスターがラスベガスでヘッドラインを飾る」と特集するなど、盛り上がりを見せている。

村田諒太のV2戦には日本からも多くのメディアが詰めかけている【写真:荒川祐史】
村田諒太のV2戦には日本からも多くのメディアが詰めかけている【写真:荒川祐史】

ブラント戦目前、米メディアも盛り上がり「ムラタがベガスでヘッドラインを飾る」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。ボクシングの本場で行われるトップランク社の興行開催で大トリを務める村田のV2戦に、地元メディアは「日本のスターがラスベガスでヘッドラインを飾る」と特集するなど、盛り上がりを見せている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「日本のスター、リョウタ・ムラタがラスベガスのボクシングカードでヘッドラインを飾る」と特集したのは、地元紙「ラスベガス・レビュージャーナル」だった。

 日本人ボクサーがラスベガスで興行の主役を務めることは異例中の異例。村田は過去2度のベガス戦ではいずれも前座試合での登場だったが、4月のエマヌエレ・ブランダムラ(イタリア)との初防衛戦に続くV2戦では、ボクシングの本場でメーンを張ることになった。記事では「日本史上最も人気のあるボクサーが160ポンドで最大の戦いに備えている」と報じていた。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」では村田のウィットに富んだ発言に注目し、「ムラタ カネロと戦いたい。しかし、メキシコ産牛肉抜きで」と特集。記者会見でWBAミドル級スーパー王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)との対戦について問われ、村田が「メキシカンビーフなしでね」と英語で切り返したことを紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー