[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、「倒したい」とKO宣言 計量クリア後に15秒間にらみ合い「欲が出てきた」

村田諒太、「倒したい」とKO宣言 計量クリア後に15秒間にらみ合い「欲が出てきた」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットを0.3キログラム下回る72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロで、ともに一発でパス。村田からは珍しくKO宣言も飛び出した。

2度目の防衛戦に挑む村田諒太【写真:荒川祐史】
2度目の防衛戦に挑む村田諒太【写真:荒川祐史】

前日計量は両者一発クリア、15秒間にらみ合いの後にはKO宣言も

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットを0.3キログラム下回る72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロで、ともに一発でパス。村田からは珍しくKO宣言も飛び出した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ステージ上の村田が視線を一身に浴びた。一般の観客の前での公開計量。ショーアップされる異様な雰囲気の中でパンツ1枚になった村田は見事なボディーを披露した。フェイスオフでは両者は顔がくっつきそうな距離で、約15秒にらみ合い、火花を散らした。同時に村田のハートには確かに火が付いた。

 壇上で司会者からマイクを向けられると「絶対に倒します」と力強くKO宣言。計量後の取材でも「倒したいなという気持ちが、(ブラントを)目の前にして強くなってきた感じ。欲が出てきたのは事実ですね」と認めた。

 これまではKOへの思いを封印してきたが、14勝中11KOでKO率79%を誇る。世界戦での2度の勝利も共にTKO勝ち。3試合連続でのKO勝ちへイメージはできている。

「前半(KO)はないと思うが、しっかりと相手のパンチを見て、中盤以降しっかりとプレッシャーをかけて強いパンチを打ち込んでいけたらいい。前半はパンチをもらわないこと」と中盤~終盤へかけてのフィニッシュをイメージ。倒すパンチについては「右ストレートでしか倒せないですからね」と強烈な右で仕留めるつもりだ。

 勝利はもちろん内容も求められる一戦。すっきりとKOで勝ち、海外ファンにも村田の強さを印象付ければ、今後の対戦が噂される、元3団体統一同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのメガファイトへつながる。ボクサー人生を左右するV2戦で、ブラントに格の違いを見せつけたいところだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー