[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • えっ、足着いたまま… 221cm巨人の“背伸びダンク”が再生120万超「これって現実?」

えっ、足着いたまま… 221cm巨人の“背伸びダンク”が再生120万超「これって現実?」

米プロバスケットボールNBAで221センチの長身センターが豪快にダンクを炸裂させ、リングを掴んだまま着地。衝撃的な“背伸びダンク”を披露した。目を疑うような瞬間を米スポーツ専門局「ESPN」が動画付きで公開すると、再生120万回を突破し、米ファンも「どうなってるの」「身長いくつ?」「これって現実?」と仰天している。

221センチの長身センター、ボバン・マリヤノヴィッチ【写真:Getty Images】
221センチの長身センター、ボバン・マリヤノヴィッチ【写真:Getty Images】

クリッパーズの長身センターが演じた衝撃ダンクに仰天「身長いくつ?」

 米プロバスケットボールNBAで221センチの長身センターが豪快にダンクを炸裂させ、リングを掴んだまま着地。衝撃的な“背伸びダンク”を披露した。目を疑うような瞬間を米スポーツ専門局「ESPN」が動画付きで公開すると、再生120万回を突破し、米ファンも「どうなってるの」「身長いくつ?」「これって現実?」と仰天している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 もはや、ジャンプが必要ないのか。二度見必至のダンクを炸裂させたのは、クリッパーズのセンター、ボバン・マリヤノヴィッチだ。17日(日本時間18日)のナゲッツ戦だった。

 ゴール下に入ったマリヤノヴィッチは221センチの長身を生かし、アウトサイドから送れたパスをキャッチ。相手に厳しくマークされながらキープすると、次の瞬間だ。軽く伸び上がるようにボールを持った右腕を伸ばし、そのままリングにボールを叩き込んだ。ただ、本当の驚きは足元だった。

 リングに叩き込んだ時にはもう左足が地面に着こうとしている。そして、マリヤノヴィッチはあろうことか、ややしなったリングを右手で掴んだまま両足のつま先で直立。どうだと言わんばかりに客席にドヤ顔を見せつける。信じられないシーンに会場も大盛り上がりとなった。

「ESPN」は公式インスタグラムに「ボビはジャンプする必要すら無し」とつづり、決定的瞬間の動画を公開。目撃したファンも唖然とした様子だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー