[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、“解説者”香川照之がベガスV2戦を分析「エポックメイキングな試合になる」

村田諒太、“解説者”香川照之がベガスV2戦を分析「エポックメイキングな試合になる」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。試合当日にDAZNでゲスト解説を行う俳優の香川照之は「エポックメイキングな試合になる」と分析している。

ラスベガスでの現地トレーニングを公開した村田諒太【写真:編集部】
ラスベガスでの現地トレーニングを公開した村田諒太【写真:編集部】

DAZNインタビューで“解説者”香川照之がブラント戦を分析

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。試合当日にDAZNでゲスト解説を行う俳優の香川照之は「エポックメイキングな試合になる」と分析している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 24戦23勝16KO1敗のキャリアを誇るブラントにとって、村田戦が初のタイトルマッチとなる。唯一の黒星は、昨年10月に行われた賞金総額50億円超といわれた第1回ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)スーパーミドル級初戦のユルゲン・ブリーマー(ドイツ)戦だった。現王者の村田にとっても、難敵となって立ちはだかるのは間違いない。

 ボクシング解説者としても活躍する香川はDAZNのインタビューに応じ、「典型的なミドル級の黒人の運動神経のある選手だと思いました。だが、取り立てて、何のパンチが強いとか、これが武器であるとか、こういう特別な動きをするとか、初見で目に引っ掛かる特徴がある選手ではないな、というのが正直な印象でした」とブラントについて語った。

 強烈なインパクト、わかりやすいストロングポイントを持たないブラントだが、油断は禁物。「だからと言って総合力が劣っているわけではなくて、アメリカの黒人の選手は相対してみると思ったよりも力もスピードもあったりする。今まで我々が見てきた、辛酸を舐めてきた思い出もある。そこら辺を気をつけなければいけない、という印象をブラントには持ちました」とも話した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー