[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 長友佑都、若手躍動に「必死なおっさん」が嬉しい悲鳴「若手イケイケすぎて…」

長友佑都、若手躍動に「必死なおっさん」が嬉しい悲鳴「若手イケイケすぎて…」

サッカー日本代表(FIFAランク54位)は16日、国際親善試合のウルグアイ(同5位)戦(埼玉)に4-3で勝利した。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会8強の強豪を撃ち合いで撃破した。DF長友佑都(ガラタサライ)は試合後、ロッカールームの23人全員集合ショットを公開。「若手イケイケすぎてついて行くのに必死なおっさん。笑」と試合を振り返り、嬉しい悲鳴を上げている。

サッカー日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】
サッカー日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】

試合後、ツイッターで心境を吐露「俺の全盛期はこれから」

 サッカー日本代表(FIFAランク54位)は16日、国際親善試合のウルグアイ(同5位)戦(埼玉)に4-3で勝利した。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会8強の強豪を撃ち合いで撃破した。DF長友佑都(ガラタサライ)は試合後、ロッカールームの23人全員集合ショットを公開。「若手イケイケすぎてついて行くのに必死なおっさん。笑」と試合を振り返り、嬉しい悲鳴を上げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 サムライブルーで歴戦の経験を誇る長友も新生ジャパンに手応えを掴んだようだ。左サイドバックとして出場したベテランはツイッターを更新。こうつづっている。

「久しぶりに勢いのある日本代表を見た。ワクワクした」と書き出すと「若手イケイケすぎてついて行くのに必死なおっさん。笑」とユーモアを交え、嬉しい悲鳴を上げた。その上で「俺の全盛期はこれから。そう信じてまだまだ挑戦する」と若手に負けじと成長を続けることを誓っている。

 試合はMF南野の3戦連発となる2ゴール。FW大迫とMF堂安もゴールを決め、ロシアW杯組と新戦力ががっちりを融合し、W杯8強の南米の雄ウルグアイから4発を奪い、撃破した。

 そんなチームの雰囲気の良さを感じさせるように試合後、ロッカールームで撮られた23人全員集合ショットを公開。長友も最前列中央で笑顔で写り、雰囲気の良さを感じさせた。

 2022年のカタールW杯へ、新たな船出を切った森保ジャパンはまだまだ成長していく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー