[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼らは抱き合ったのか― 名手の“奇妙な併殺崩し”に米衝撃「10月のロマンス」

なぜ、彼らは抱き合ったのか― 名手の“奇妙な併殺崩し”に米衝撃「10月のロマンス」

米大リーグのワイルドカードゲームが2日(日本時間3日)行われ、ロッキーズが、カブスを2-1で破って地区シリーズ進出を決めた。延長13回までもつれる死闘で、話題を集めているのは、延長11回のカブスのハビアー・バエズと、ロッキーズの三塁手のノーラン・アレナドが交錯した瞬間に抱き合う場面だ。奇妙な抱擁の瞬間を米メディアが公開。大反響を呼んでいる。

ハビアー・バエズ(左)、ノーラン・アレナド【写真:Getty Images】
ハビアー・バエズ(左)、ノーラン・アレナド【写真:Getty Images】

延長13回の末に決着した死闘で注目は名手同士の“奇妙なハグ”のシーン

 米大リーグのワイルドカードゲームが2日(日本時間3日)行われ、ロッキーズが、カブスを2-1で破って地区シリーズ進出を決めた。延長13回までもつれる死闘で、話題を集めているのは、延長11回のカブスのハビアー・バエズと、ロッキーズの三塁手のノーラン・アレナドが交錯した瞬間に抱き合う場面だ。奇妙な抱擁の瞬間を米メディアが公開。大反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 なぜ彼らは抱き合ったのか――。負ければ終わりの一発勝負。注目を集めているのは意外なシーンだった。同点の延長11回だ。カブスは1死一、二塁の一打サヨナラの好機を作った。マウンドには元阪神の呉昇桓。打席のコントレラスの打球は平凡な三塁へのゴロ。完全な併殺コース……と思われた次の瞬間だ。

 三塁へ向かった二塁走者のバエズは途中で急失速。三塁手のアレナドに抱き着いたのだ。結局バエズにタッチした形となり2死となったが、5-4-3の併殺を狙っていたアレナドの送球を阻止し、ダブルプレーを免れる好走塁となった。

 このシーンに脚光を浴びせているのは、米専門メディア「スポーツ・デイリー」だった。「見て。ハビアー・バエズとノーラン・アレナドがベース上で抱き合った」と題してレポートしている。

「最も異様な出来事は11回裏に起こった。我々はダイヤモンド上で目撃者となった。カブスは走者一、二塁でコントレラスは三塁にゴロを飛ばした。アレナドはそれを受け取り、バエズはダブルプレーを免れるために三塁へ向かった。彼はスピードを緩めて、アレナドはそれを回避しようとした。しかし、彼らは互いに見合わせ、最後は抱きついた」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー