[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、終盤猛スパートで新人王グイッ! 地元紙も太鼓判「順調に近づいている」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場し、3打数3安打2打点の大暴れ。2回には“ロケット三盗”を決め、自身初の2桁となる今季10盗塁をマークした。節目の数字に乗せ、新人王レースでのアピール。地元紙も「ア・リーグの新人王へ順調に近づいている」と太鼓判を押している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

三盗決めて初の2桁10盗塁、新人王レースでもアピール

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場し、3打数3安打2打点の大暴れ。2回には“ロケット三盗”を決め、自身初の2桁となる今季10盗塁をマークした。節目の数字に乗せ、新人王レースでのアピール。地元紙も「ア・リーグの新人王へ順調に近づいている」と太鼓判を押している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 新人王レースでも、大きなアピールとなった。大谷が疾走した。2回先頭、4戦連続安打となる左前打で出塁すると、1死一、二塁と好機が広がり、大谷は二塁に進塁。そして、打者アルシアでカウント0-1からの2球目で魅せた。

 マウンドのファイアーズは後ろを振り返り、リードを取る大谷を牽制する。しかし、次の瞬間だ。クイックでモーションに入ると、背番号17は抜群のスタートを切った。大きなストライドで猛然とダッシュ。打者が空振りし、捕手が無駄のない動きで三塁へ送球した。ただ、大谷の足が速かった。

 タッチのしやすいストライク送球が送られたが、足から滑り込んだ大谷が一瞬早く、間一髪でセーフ。今季10個目となる盗塁を決めてみせた。2桁盗塁はNPB時代を含め、自身初の快挙だ。これにはスタジアムも喝采。直後に三ゴロで生還して先制のホームを踏み、チームに大きく貢献した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集