[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、元同僚撃ちの22号弾に専門家も賛辞連発「コンパクト、それでいて力強い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第4打席で左翼席へ決勝の22号ソロ弾を放った。日本ハム時代の2016年にマークしたキャリアハイに並ぶ一撃で、新人王獲得へ前進。4打数2安打2打点で打率を.283へ上昇させた。MLBは公式ツイッターで鮮やかな逆方向への一発を公開。現地の実況席もかつての同僚からの一発を興奮気味に伝えている。

勝ち越し本塁打を放った大谷翔平とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
勝ち越し本塁打を放った大谷翔平とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

大谷のアーチを伝えた本拠地実況席も大興奮

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第4打席で左翼席へ決勝の22号ソロ弾を放った。日本ハム時代の2016年にマークしたキャリアハイに並ぶ一撃で、新人王獲得へ前進。4打数2安打2打点で打率を.283へ上昇させた。MLBは公式ツイッターで鮮やかな逆方向への一発を公開。現地の実況席もかつての同僚からの一発を興奮気味に伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 元チームメートの渾身の一球を力強くはじき返した。2-2の8回1死走者なしの場面で迎えた第4打席。大谷と同じく昨季まで日本ハムでプレーした右腕マーティンの2ボール2ストライクからの6球目だ。外寄りの95.7マイル(約154キロ)のフォーシームを、鮮やかに流し打った。力感のないスイングから放たれた打球は失速することなく左翼スタンドまで到達した。

 移籍1年目で、自己最多タイの22号に到達。見事な流し打ちに本拠地放送局「FOXスポーツ・ウェスト」の実況席も大興奮だ。

 まずマーティンとの対戦を、解説でエンゼルスOBのマーク・グビザ氏は「友人対決ですね。日本ではチームメートでした」と切り出すと、「スプリングトレーニングの際にクリス・マーティンは投打で苦しんでいたオオタニに関して『まったく心配しなくていいよ、彼はスペシャルな存在になるだろう』と語っていました」とエピソードを披露した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集