[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ、中国OPの欠場決定が明らかに 騒動収束しないままオフシーズンに突入

テニスのグランドスラム優勝23回のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出場を予定していた中国オープン(9月29日開幕)を欠場。今シーズンのツアーを終了することとなった。米サイトが報じている。

セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

大坂との再戦は2019年まで持ち越しに

 テニスのグランドスラム優勝23回のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出場を予定していた中国オープン(9月29日開幕)を欠場。今シーズンのツアーを終了することとなった。米サイトが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 全米オープンで大坂なおみ(日清食品)と決勝で対戦。試合中に主審への暴言を吐き、性差別を訴えたことが波紋を呼び、関係者、メディアを巻き込む議論に発展していたが、本人はその後、一部テレビ局出演を除いて、公の場には姿を見せていなかった。

 米スポーツ専門サイト「スポルティング・ニュース」は「チャイナ・オープンの欠場で、セリーナ・ウィリアムズのシーズンは終了へ」と題して記事を展開。「ウィリアムズは今年最後の大会として来週北京でプレーする予定であったが、欠場が明らかになった」と明かしている。

 記事ではセリーナが26日に37歳の誕生日を迎えたことにも触れつつ、「ドラマチックな全米オープンでの敗戦以来プレーはしていない」と現状を紹介。「ランキング16位のセリーナの欠場は、今年最後のビッグタイトルの獲得、つまり娘の生誕後初の優勝がなくなったということだ」と産休からの復帰シーズンの初優勝はなくなったとしている。

 大坂も出場を予定している中国オープンの欠場で、年間ポイント獲得者上位8名によって争われるWTAファイナルズ(10月21日開幕・シンガポール)への参戦も不可能に。騒動が完全収束したとは言えないまま、一足早い冬休みに入ることになった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集