[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんなブロック見たことない!? 裏切りの“12人目の敵”に笑撃「99%入るはずが…」

こんなブロック見たことない!? 裏切りの“12人目の敵”に笑撃「99%入るはずが…」

海外サッカーでゴール前の混戦で接触し、痛がってゴールライン上に倒れていた選手が、味方のシュートを体に当ててブロックしてしまうという珍事が発生。まさに“12人目の敵”ともいうべき笑撃プレーの瞬間を、海外メディアが動画付きで公開すると、海外ファンに「史上最高のセーブ」「99%入るはずだったのに…」「君の仕事とは一体」と仰天を呼んでいる。

ゴール前の混戦で接触し、痛がってゴールライン上に倒れていた選手が、味方のシュートを体に当ててブロックしてしまうという珍事が発生
ゴール前の混戦で接触し、痛がってゴールライン上に倒れていた選手が、味方のシュートを体に当ててブロックしてしまうという珍事が発生

ゴールライン上に転がった選手が味方のシュート阻止、海外ファン「史上最高のセーブ」

 海外サッカーでゴール前の混戦で接触し、痛がってゴールライン上に倒れていた選手が、味方のシュートを体に当ててブロックしてしまうという珍事が発生。まさに“12人目の敵”ともいうべき笑撃プレーの瞬間を、海外メディアが動画付きで公開すると、海外ファンに「史上最高のセーブ」「99%入るはずだったのに…」「君の仕事とは一体」と仰天を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 いったい、敵か味方か――。まさかのプレーが生まれたのは、サウジアラビアリーグ1部アル・ファイサリー―オホドの一戦だった。

 開始6分、アル・ファイサリーの左CK。ファーサイドへ蹴り込み、ヘディングで折り返した。これを両軍の選手が中央で競り合うと、こぼれ球が元の方向へはじき返された。混戦の中、GKが大きく飛び出したが、キャッチできず。アル・ファイサリーの選手が拾い、右サイドからクロスを供給。GKが飛び出した位置で再び飛びついて反応したが、こぼれ球をオホドの選手が拾った。

 GKはすぐそばで倒れ、ゴールマウスにGKはいない。あとは流し込むだけ。右足でシュートを放ったが、次の瞬間だった。ゴールライン上に横たわる一人の選手が。しかも、よく見ると攻撃側のアル・ファイサリーの選手だ。そして、シュートは転がった選手に直撃。ゴールネットを揺らすはずのボールは跳ね返され、なんと、ゴール機会を味方選手によって逸してしまったのだ。

 いったい、なぜこんなプレーが起きてしまったのか。米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」公式インスタグラムが動画付きで一部始終を公開。映像を見ると、最初のゴール中央の両軍選手の競り合いの場面でアル・ファイサリーの選手が顔を押さえ、ゴールライン上に転がったのだ。そして、プレーが続行する間も約7秒、起き上がることがなく悲劇の瞬間が訪れたのだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー