[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 剛腕がまさかの2戦連続“ピンボール”再現 米驚愕「同じ出来事を違う登場人物で…」

剛腕がまさかの2戦連続“ピンボール”再現 米驚愕「同じ出来事を違う登場人物で…」

相手も違えば、場所も違う。なのに同じようなシーンが再現されてしまうのも野球の不思議なところ。米大リーグ屈指の剛腕が、また1球で3人に直撃させる、わずか1週間前の“ピンボール”投球を再現してしまった。MLBが公式YouTubeで動画を公開。公式サイトでは前回の出来事をなぞりながら、再び起きた“珍投球”をレポートしている。

スティーブン・ストラスバーグ【写真:Getty Images】
スティーブン・ストラスバーグ【写真:Getty Images】

ストラスバーグが2登板連続で1球で3人に当てる“荒業”披露

 相手も違えば、場所も違う。なのに同じようなシーンが再現されてしまうのも野球の不思議なところ。米大リーグ屈指の剛腕が、また1球で3人に直撃させる、わずか1週間前の“ピンボール”投球を再現してしまった。MLBが公式YouTubeで動画を公開。公式サイトでは前回の出来事をなぞりながら、再び起きた“珍投球”をレポートしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 1度あることは2度ある!? ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグが先発した18日(日本時間19日)の敵地マーリンズ戦だった。2回無死。アンダーソンへの2球目だ。ストラスバーグが投じた内角への一球が、アンダーソンの右肘付近を直撃。死球となったのだが、ここからだ。

 弾かれたボールが捕手のウィータースの首付近を直撃。間髪入れず後ろのブライアン・ナイト主審のマスクにも当たったのだ。一粒で3度……ならぬ、1球で3人。まさにピンボールのようだ。

 これだけでも驚きなのだが、実はストラスバーグは前回12日(日本時間13日)のフィリーズ戦でも全く同じシーンを演出しているのだ。2登板連続での衝撃の“ピンボール”投球。狙ってもできない離れ業であることは間違いないのだが……。

 このシーンを、MLBは「2先発連続で、スティーブン・ストラスバーグは打者、捕手そして審判に1球で死球を与える」とつづりレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー