[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、本塁打率「13.10」は城島の倍以上 野手専念なら本塁打王級!?

大谷翔平、本塁打率「13.10」は城島の倍以上 野手専念なら本塁打王級!?

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)の敵地ホワイトソックス戦に「5番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席に勝ち越しの19号3ランを放ち、2006年の城島健司(マリナーズ)が持つMLB1年目の日本人選手の最多本塁打記録を更新したが、特筆すべきはその本塁打率の高さだ。249打数で19本塁打に到達。本塁打率(1本塁打にかかる打数)は「13.10」。506打数で18本塁打の城島の「28.11」を大きく上回っている。倍以上のスピードで記録を更新したこととなる。

勝ち越しの19号3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
勝ち越しの19号3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

日本人1年目の最多本塁打記録を更新、13打数で1本の本塁打を放つ計算

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)の敵地ホワイトソックス戦に「5番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席に勝ち越しの19号3ランを放ち、2006年の城島健司(マリナーズ)が持つMLB1年目の日本人選手の最多本塁打記録を更新したが、特筆すべきはその本塁打率の高さだ。249打数で19本塁打に到達。本塁打率(1本塁打にかかる打数)は「13.10」。506打数で18本塁打の城島の「28.11」を大きく上回っている。倍以上のスピードで記録を更新したこととなる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この当たりであそこまで運ぶのか――。もはや左腕も大谷の障壁にはならないようだ。1-1の3回1死一、二塁で迎えた第2打席だった。サウスポー・ロドンが投じた2ボールからの94マイル(約151キロ)のインハイ直球を中堅やや右に運ぶ勝ち越しの19号3ラン。やや詰まり気味で、決して完璧な当たりではないように思えたが、打球はぐんぐん伸びて、中堅手の差し出したグラブごと、ぎりぎりでスタンドに飛び込んだ。

 大谷にとって3試合連続弾は現地時間の4月3、4、6日以来、今季2度目。今月4日(日本時間5日)の敵地レンジャーズ戦で左腕からの1号となる16号弾。5日(同6日)の敵地レンジャーズ戦では、新たな右肘靭帯損傷が発覚した直後のスタメン出場だったが、その影響をみじんも感じさせず2本塁打を含む4安打と大暴れ。ここ3試合で4発と量産し、大台の20発にも王手をかけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー