[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井岡一翔、復帰戦相手は不気味に意気込む 「自分はいつも噛ませ犬扱いだけど…」

井岡一翔、復帰戦相手は不気味に意気込む 「自分はいつも噛ませ犬扱いだけど…」

ボクシング元3階級王者の井岡一翔(SANKYO)が8日(日本時間9日)にスーパーフライ級での米国デビュー戦を迎える。7日(同8日)は米ロサンゼルスで計量に臨み、51.9キロで一発クリア。対戦相手のWBO同級3位のマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)は「アンダードッグ扱いされているが、ベストを尽くすよ」と不気味に闘志を燃やしている。米紙が伝えている。

スーパーフライ級での米国デビュー戦に臨む井岡一翔【写真:AP】
スーパーフライ級での米国デビュー戦に臨む井岡一翔【写真:AP】

井岡の504日ぶり復帰戦を米紙が特集

 ボクシング元3階級王者の井岡一翔(SANKYO)が8日(日本時間9日)にスーパーフライ級での米国デビュー戦を迎える。7日(同8日)は米ロサンゼルスで計量に臨み、51.9キロで一発クリア。対戦相手のWBO同級3位のマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)は「アンダードッグ扱いされているが、ベストを尽くすよ」と不気味に闘志を燃やしている。米紙が伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 いよいよ復帰を迎える。現在WBAの同級2位にランク付けされている井岡。スーパーフライ級の強豪を集めたイベント「Superfly3」の一戦として、アローヨと対戦する。勝てば同級での4階級制覇も見えてくる一戦。だが、アローヨは強敵だ。

 アマチュア時代に世界選手権金メダルの実績を誇り、プロデビュー後は17勝(14KO)3敗。今年2月に行われた「Superfly2」では、元WBC同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ち。大きなタイトルこそ手にしていないが、世界王者級の実力を秘めているとされる。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」は「スーパーフライシリーズが世界王者、カズト・イオカを引退から呼び戻し」と題してこの対戦を特集している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー