[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 強すぎるジョコ、錦織撃破の強烈ダウンザラインに海外興奮「最高のバックハンド」

強すぎるジョコ、錦織撃破の強烈ダウンザラインに海外興奮「最高のバックハンド」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは7日(日本時間8日)、男子シングルス準決勝で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6でストレート負け。天敵に14連敗を喫し、2014年以来4年ぶりの決勝進出はならなかった。大会公式はツイッターで、ジョコビッチの勝利の瞬間を動画で公開。現地ファンからは錦織に対する労いの声も続々と上がっている。

錦織相手に完勝したジョコビッチ【写真:Getty Images】
錦織相手に完勝したジョコビッチ【写真:Getty Images】

完敗の錦織にも海外ファンから労いの声「ケイもグレートだった」

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは7日(日本時間8日)、男子シングルス準決勝で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6でストレート負け。天敵に14連敗を喫し、2014年以来4年ぶりの決勝進出はならなかった。大会公式はツイッターで、ジョコビッチの勝利の瞬間を動画で公開。現地ファンからは錦織に対する労いの声も続々と上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 やはりジョコビッチの壁は高かった。快進撃を続けてきた錦織だったが、最後は完敗だった。第3セット、第8ゲームのマッチポイント。ジョコビッチのサービスから始まったラリー。錦織もバックハンドで懸命にリターンするが、最後はジョコビッチがバックハンドでダウンザラインを決めた。

 歓喜の雄たけびを上げるジョコビッチの姿を大会公式は「なんという結末。ジョコビッチがニシコリを6-3、6-4、6-2で下し、全米オープン8度目の決勝進出!」とつづり公開。ファンからはジョコビッチへの祝福と、錦織への労いの声が上がっている。

「ジョコビッチおめでとう。彼はテニス界を支配している。ニシコリは残念だったけど、彼のことはすごく誇りに思う」
「おめでとう!Wow!デル・ポトロとのすごい決勝になりそう。2人とも素晴らしい選手!コートでの動きとサーブのリターンは、ジョコビッチの武器!素晴らしい勝利だった!」
「最高のバックハンドの持ち主!勝利おめでとう。デル・ポトロの方が好きだけど、決勝はノバクがタイトルを獲って!」
「勝利おめでとう!ケイのこの大会の戦いもグレートだった!」
「なんという驚異的なポイント!この信じられないような対決を終わらせるのに相応しい選択だった。あなたのプレーレベルはアンビリーバブル!決勝もがんばれ!」

 自身のミスもあり、一度もブレーク出来なかった錦織。ジョコビッチの強さも際立ったが、それでも、今大会の錦織の旋風は強烈に復活を印象付けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー