[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、恩師バインコーチも歴史的快挙に賛辞「これ以上なく誇りに思うよ!」

大坂なおみ、恩師バインコーチも歴史的快挙に賛辞「これ以上なく誇りに思うよ!」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。試合後には決勝で対戦する女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に対し「アイラブユー」とメッセージを送って爆笑を呼んでいたが、指導するサーシャ・バインコーチは「これ以上なく誇りに思うよ」と称えている。

快進撃が続く大坂なおみ【写真:田口有史】
快進撃が続く大坂なおみ【写真:田口有史】

決勝でセリーナと激突、今季から指導する恩師も労いツイート「彼女の望みが叶った」

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。試合後には決勝で対戦する女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に対し「アイラブユー」とメッセージを送って爆笑を呼んでいたが、指導するサーシャ・バインコーチは「これ以上なく誇りに思うよ」と称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 恩師が見守る前で躍動した。大坂は13度のブレークポイントを凌ぎ、驚異的な勝負強さを発揮。前年準Vのキーズを圧倒した。マッチポイント。強烈なサービスエースで試合を決めた瞬間、客席で感極まった表情で歓喜に酔いしれていたのが、バインコーチだった。試合後、ツイッターを更新し、愛弟子に賛辞を送っている。

「ナオミ・オオサカのこと、そしてチームのことを、これ以上なく誇りに思うよ! セリーナと対戦するという彼女の望みが叶った。決勝だ、ベイビー!」とつづり、決勝で女王セリーナとの対戦を実現させた大坂を労っていた。

 ドイツ出身のバインコーチは今季から指導。精神的なムラのあった大坂のポテンシャルを開花させ、今年3月のBNPパリバ・オープンで日本女子初の「プレミアマンダトリー」を制覇。試合中に助言ができるツアー大会では大坂に寄り添い、励ます姿が頻繁に見られていた。

 決勝の相手はバインコーチがかつてヒッティングパートナーを務めていたセリーナが相手。恩師との二人三脚で女王を倒し、悲願のグランドスラム制覇を目指す。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー