[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 計測史上最長弾も… 特大弾3発の“雑すぎる解析画像”に米衝撃「なんて前衛的な…」

計測史上最長弾も… 特大弾3発の“雑すぎる解析画像”に米衝撃「なんて前衛的な…」

米大リーグ、ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が5日(日本時間6日)のジャイアンツ戦で放った1試合3本の特大弾が意外な形で反響を広げている。3本計1380フィート(約420.6メートル)の飛距離を球団がわかりやすく解説しようと試みたグラフィック画像を「ハイクオリティ・グラフィック」と題してツイッターに公開。しかし、それがあまりに雑すぎるのだが、ファンに「10点満点のアートスキル」「真の天才だ」「なんて前衛的なグラフィック…」と“絶賛”を呼んでいる。

1試合3本の特大弾を放ったロッキーズのストーリー【写真:Getty Images】
1試合3本の特大弾を放ったロッキーズのストーリー【写真:Getty Images】

ストーリーの1試合3発、合計飛距離420.6mを“ヘタ文字画像”で球団が説明

 米大リーグ、ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が5日(日本時間6日)のジャイアンツ戦で放った1試合3本の特大弾が意外な形で反響を広げている。3本計1380フィート(約420.6メートル)の飛距離を球団がわかりやすく解説しようと試みたグラフィック画像を「ハイクオリティ・グラフィック」と題してツイッターに公開。しかし、それがあまりに雑すぎるのだが、ファンに「10点満点のアートスキル」「真の天才だ」「なんて前衛的なグラフィック…」と“絶賛”を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 5日に生まれたストーリーの3本の特大弾。初回に459フィート(約140メートル)の左越えを放つと、4回にはスタットキャストの計測開始以降最長となる505フィート(約153.9メートル)を炸裂。6回の416フィート(約126.8メートル)の左越えでド派手に締めくくった。3本合わせ、飛距離は計1380フィート。これを受け、球団公式ツイッターが衝撃的な画像を公開している。

「このハイクオリティ・グラフィックでストーリーの打球がどこまで飛んだか解説します」と自信満々につづられた画像。しかし、ハイクオリティの言葉とは裏腹のものだ。スイングするストーリーのバットから、赤字で「1380 Feet」と手書きで書かれ、ボールが飛んだ軌道と高さを表現している。

 そして、ボールの下にはエッフェル塔と自由の女神の画像が。1063フィート(約324メートル)のエッフェル塔の1.2倍にあたり「1.2 Eiffel Towers」、305フィート(約93メートル)の自由の女神4.5体分にあたり「4.5 Statue of Libertys」の手書き文字。空には太陽のマークと「Sun」と手書き文字が添えられており、それがなんとも“ヘタ文字”で哀愁が漂っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー