[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「“鉄腕”ヨシダを破った」 韓国紙が日韓戦特集「4年ぶりアジアの頂点に近づいた」

「“鉄腕”ヨシダを破った」 韓国紙が日韓戦特集「4年ぶりアジアの頂点に近づいた」

野球の「第12回 BFA U18アジア選手権」は5日、大会連覇を目指す侍ジャパンU-18代表は韓国に1-3で惜敗した。甲子園の決勝戦以来の先発となった吉田輝星(金足農)が初回に3ランを被弾。2回以降は立ち直ったが、チームは1-3で敗れた。注目の剛腕は最速149キロをマークしたが、6回2安打3失点で敗戦投手に。1次ラウンドを終了し日本はA組2位。7日からのスーパーラウンドに臨む。宿敵を破った韓国メディアは日本戦をレポート。「“鉄腕”ヨシダを破った」と伝えている。

侍ジャパンU-18代表エース投手吉田輝星【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-18代表エース投手吉田輝星【写真:Getty Images】

吉田を打って勝利した韓国紙は日韓戦をどう報じた

 野球の「第12回 BFA U18アジア選手権」は5日、大会連覇を目指す侍ジャパンU-18代表は韓国に1-3で惜敗した。甲子園の決勝戦以来の先発となった吉田輝星(金足農)が初回に3ランを被弾。2回以降は立ち直ったが、チームは1-3で敗れた。注目の剛腕は最速149キロをマークしたが、6回2安打3失点で敗戦投手に。1次ラウンドを終了し日本はA組2位。7日からのスーパーラウンドに臨む。宿敵を破った韓国メディアは日本戦をレポート。「“鉄腕”ヨシダを破った」と伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 吉田にとっては初回が痛恨だった。走者を2人置いた場面で4番キム・デハンに左翼席へ運ばれた。2回以降は立ち直り、失点はこの3点だけだったが、韓国の投手リレーの前に打線が奮起できず敗戦。まだ1次ラウンドとは言え、今後へ向けて不安を残す内容となった。

 同国紙「韓国日刊スポーツ」は「韓国代表チームが“鉄腕”吉田を破り4年ぶりのアジアの頂点に一歩近づいた」と報じている。

 記事ではまず吉田に注目。「日本の先発投手は、夏の甲子園大会で“鉄腕”と呼ばれたヨシダだった。時速150km台の速球を投げるヨシダは当時1回戦から準決勝までの5試合連続完投勝利でチームを決勝まで引き上げた。決勝では5イニング12失点で崩れたが、日本の野球ファンは、6試合中、50イニングを消化し、881球を投げたヨシダの闘魂に熱狂した」と日本で大きな話題を呼んでいたことに言及している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー