[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 池江璃花子、獲りすぎた“首にメダル8個”の1枚に大反響「もはや金ベルト状態」

池江璃花子、獲りすぎた“首にメダル8個”の1枚に大反響「もはや金ベルト状態」

アジア大会(ジャカルタ)の競泳で日本人選手初の大会6冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。今大会で獲得した8つのメダルを首にかけた壮観な1枚を公開し、ファンは「もはや金ベルト状態」「幸せの重み」「首や肩が凝るのでは?」と仰天しながら祝福の嵐となっている。

池江璃花子【写真:Getty Images】
池江璃花子【写真:Getty Images】

獲得した8個のメダルを首にかけた壮観な写真公開「首や肩が凝るのでは?」

 アジア大会(ジャカルタ)の競泳で日本人選手初の大会6冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)がインスタグラムを更新。今大会で獲得した8つのメダルを首にかけた壮観な1枚を公開し、ファンは「もはや金ベルト状態」「幸せの重み」「首や肩が凝るのでは?」と仰天しながら祝福の嵐となっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 池江は競技最終日となった24日に女子50メートル自由形で6つ目の金メダルを獲得し、全種目終了後、インスタグラムを更新。1枚の画像を公開した。

 日の丸の国旗をバックに日本のジャージ姿で笑みを見せる池江。その胸には実に8個のメダルが一挙にかけられている。6つの金メダルを中心にして、両サイドに2つの銀メダル。今大会の18歳の躍動ぶりが一目にして分かる豪華な一枚で、思わず首が痛くないか心配したくなるほど壮観なシーンだった。

 投稿では、自身の各レースの結果とともに「アジア大会競泳終わりましたー! 結果、史上最多の6冠することができました たくさんの応援本当にありがとうございました」と感謝をつづった。画像を見たファンからも「もはや金ベルト状態」「圧巻ですね、メダル重くないですか?」「幸せの重み」「首や肩が凝るのでは?」とコメントが相次いだ。

 さらに「強すぎる!!」「感動をありがとう」「日本の誇りです」「アジアのヒーロー」と祝福の声も殺到した。2年後の東京五輪に向けても楽しみが膨らんだ夏。8個のメダルは、それを証明するようだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー