[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 金足農・吉田は881球で力尽きる、大阪桐蔭は史上初の快挙達成…甲子園最終日の結果

金足農・吉田は881球で力尽きる、大阪桐蔭は史上初の快挙達成…甲子園最終日の結果

第100回全国高校野球選手権記念大会最終日は21日、決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。県勢として103年ぶりに決勝に進出した金足農は、5試合連続完投中だったプロ注目のエース吉田輝星(3年)が力尽き、東北勢初の優勝を逃した。

夏の甲子園は大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)を破り春夏連覇を果たした
夏の甲子園は大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)を破り春夏連覇を果たした

大阪桐蔭が投打に圧倒、吉田は今大会初めてマウンドを譲る

 第100回全国高校野球選手権記念大会最終日は21日、決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。県勢として103年ぶりに決勝に進出した金足農は、5試合連続完投中だったプロ注目のエース吉田輝星(3年)が力尽き、東北勢初の優勝を逃した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大阪桐蔭は初回に3点を先制。4回には宮崎仁斗(3年)の3ランでリードを広げると、6-1の6回には根尾昂(3年)の2ランなど、打者一巡の猛攻で一挙6点。吉田をKOした。

 東北勢の初優勝もかかっていた金足農は、吉田が5回で132球を投げて、被安打12の12失点。6回からは右翼の守備につき、今大会初めてマウンドを譲った。力尽きた格好となったが、6試合で881球を投げた姿は見る者の感動を誘った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー