[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 右翼から156キロの衝撃! ライトゴロ演出“超送球”に米驚愕「投手に挑戦すべき」

右翼から156キロの衝撃! ライトゴロ演出“超送球”に米驚愕「投手に挑戦すべき」

米大リーグで右翼手が97.1マイル(約156キロ)の超送球を披露し、度肝を抜いた。パイレーツのグレゴリー・ポランコ外野手が、20日(日本時間21日)のブレーブス戦で、強肩を炸裂させて珍しいライトゴロに仕留めるシーンをMLB解析システム「スタットキャスト」が公式ツイッターで動画で公開。ファンを驚愕させている。

グレゴリー・ポランコ【写真:Getty Images】
グレゴリー・ポランコ【写真:Getty Images】

パイレーツの右翼手ポランコが156キロの送球でライトゴロ完成させる

 米大リーグで右翼手が97.1マイル(約156キロ)の超送球を披露し、度肝を抜いた。パイレーツのグレゴリー・ポランコ外野手が、20日(日本時間21日)のブレーブス戦で、強肩を炸裂させて珍しいライトゴロに仕留めるシーンをMLB解析システム「スタットキャスト」が公式ツイッターで動画で公開。ファンを驚愕させている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 4回2死で打席にはブ軍の投手ウィルソン。高めの93マイル(約150キロ)を見事に右前にはじき返したのだが……。右翼のポランコが猛チャージをかけながら勢いにのって捕球すると、そのまま迷わず一塁へ送球。間一髪アウトに仕留め、ライトゴロを完成させたのだ。

 驚きはその送球のスピードだ。「スタットキャスト」によると、97.1マイルを計測していた。助走がついていたとはいえ、投手でもなかなか計測できない“スピードボール”だった。

「グレゴリー・ポランコから冷気が…。パイレーツの右翼手は、ブレーブスの投手ブリス・ウィルソンの強打に対して97.1マイルのストライクを1塁に投げ込んだ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー