[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 菅野超えの珍事!? “逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”の米反響が拡大「最も狂気の瞬間」

菅野超えの珍事!? “逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”の米反響が拡大「最も狂気の瞬間」

米大リーグのマイナーで9回2死満塁の振り逃げから3点が入り、逆転サヨナラとなる珍事が発生。衝撃の“逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介。「この狂気の展開を見よ」と報じていたが、反響はファンに拡大し、「野球を見てきた中でも最も狂気の瞬間だ」との声が上がっている。

マイナーリーグで誕生した珍プレーの反響が拡大している【写真:Getty Images】
マイナーリーグで誕生した珍プレーの反響が拡大している【写真:Getty Images】

米マイナーで誕生した珍プレーの反響はファンに拡大「ウケるね」

 米大リーグのマイナーで9回2死満塁の振り逃げから3点が入り、逆転サヨナラとなる珍事が発生。衝撃の“逆転サヨナラ振り逃げ3ラン”の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介。「この狂気の展開を見よ」と報じていたが、反響はファンに拡大し、「野球を見てきた中でも最も狂気の瞬間だ」との声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 熱戦を展開中の高校野球でも、そう見られることはない。そんなプレーが米マイナーで生まれ、反響を広げている。10日(日本時間11日)の1Aの試合だった。ブルワーズ傘下ウィスコンシン・ティンバーラトラーズはエンゼルス傘下バーリントン・ビーズ戦、2-6で9回を迎えていた。

 2点を返して2点差とし、なお2死満塁の好機を作ったが、打席のピエールは2ストライクと追い込まれた。相手クローザー・ジエンバの変化球にバットが空を切る。捕手が捕球できずに後逸。ピエールは一塁へ走った。ただ、ボールは大きく逸れてはいない。試合終了か。しかし、この後にとんでもない展開となる。

 捕手の一塁送球が悪送球となってしまったのだ。騒然となるスタジアム。ボールは右翼ファウルゾーンを転々とする。慌てて右翼手がカバーに走るが、1人目が生還、2人目が生還した。同点。そして、一塁走者が三塁も蹴って本塁へ突っ込んでくる。まさか――。右翼手からの返球が捕手へ届く。しかし、わずかに生還が早かった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー