[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上野由岐子「自分も年を取ったなと」 魂の2完投が示す“変わらない”日本の課題

ソフトボールの世界選手権(ZOZOマリン)は12日、決勝で世界ランク2位の日本が準決勝で敗れた同1位の米国に延長タイブレークの末に6-7で10回サヨナラ負け。7回完封した3位決定戦から“中3時間半”で先発したエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)が162球7失点で力尽きた。今大会555球を投げ、“魂の1日2完投”の大黒柱は見事というほかないが、同時に課題も浮き彫りになった。

今大会555球を投げ奮闘した上野だが、日本の課題も浮き彫りになった【写真:荒川裕史】
今大会555球を投げ奮闘した上野だが、日本の課題も浮き彫りになった【写真:荒川裕史】

上野は1日2試合、一人でマウンドを守り抜くも、最後に力尽きる

 ソフトボールの世界選手権(ZOZOマリン)は12日、決勝で世界ランク2位の日本が準決勝で敗れた同1位の米国に延長タイブレークの末に6-7で10回サヨナラ負け。7回完封した3位決定戦から“中3時間半”で先発したエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)が162球7失点で力尽きた。今大会555球を投げ、“魂の1日2完投”の大黒柱は見事というほかないが、同時に課題も浮き彫りになった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この試合の162球目、この日の249球目。上野が投じたボールは三塁線を破られた。走者が生還。サヨナラ負け。2点のリードを守り切れなかった絶対的エースは、歓喜に沸く米国ナインの姿を横目に天を仰いだ。

 延長10回、表に2点のリードをもらっての裏の投球。タイブレークのため、無死二塁からのスタートで1死を奪うも、そこから4本の長短打を浴びて3失点。まさかの逆転負けを喫した上野は「みんなが6点取ってくれた試合を勝てなかったのは申し訳ない」とただただ頭を下げた。

 責めるものはいない。責められるはずがない。決勝の前、3位決定戦を兼ねた準決勝のカナダ戦にも先発し、7回4安打完封。そこから“中3時間半”で米国戦のマウンドに上がったのも上野だった。疲れがないわけがない。序盤から制球を乱し何度もピンチを背負った。3回には3ランを被弾し、今大会初失点を喫した。それでもマウンドに立ち続けた。

 7回を投げ抜き、タイブレークに突入。最後には力尽きた。17イニング、249球。高校野球でもあり得ない数字。だが、上野は「それが理由にはならない。信頼されてマウンドに上げてもらっている。期待に応えられなかった」と言い訳をすることはなかった。

 上野が一人でマウンドを守り続ける間、米国はのべ7投手の継投でつないだ。米国はこの日は決勝のみ。30度を超えるデーゲームを含む2試合を投げた上野との、疲労度の違いは火を見るよりも明らかだった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集