[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超絶キャッチの後に… 遊撃手の“悲しき送球”が米話題「キャノン砲から4バウンド」

米大リーグで三遊間のゴロに圧巻のスーパーキャッチを演じながら、送球を地面に叩きつけてしまう強肩不発でアウトにできず。本人も思わず苦笑いをしてしまった“悲しき送球”の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介すると、「キャノン砲から放たれた4バウンド」などと話題を呼んでいる。

見事なダイブから予想外のスローを見せたウィリー・アダメス【写真:Getty Images】
見事なダイブから予想外のスローを見せたウィリー・アダメス【写真:Getty Images】

 米大リーグで三遊間のゴロに圧巻のスーパーキャッチを演じながら、送球を地面に叩きつけてしまう強肩不発でアウトにできず。本人も思わず苦笑いをしてしまった“悲しき送球”の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介すると、「キャノン砲から放たれた4バウンド」などと話題を呼んでいる。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 よもやのスーパープレー未遂となってしまった。思わず、自分で苦笑いを浮かべてしまったのはレイズのウィリー・アダメスだ。1日(日本時間2日)のエンゼルス戦、4回1死の場面だった。

 打者のアップトンが引っ張った痛烈なゴロが三遊間を襲った。これに反応したのが遊撃手のアダメスだ。懸命に頭から飛び込んだ。三遊間の最深部でアンツーカーを飛び出した左翼芝上でダイビングキャッチ。そして、すぐに立ち上がる。圧巻の美技が炸裂するのか。ファンが固唾をのんだ次の瞬間だった。アダメスは一塁へ向かって懸命に右腕を振った。

 しかし、ボールはうまく指にかからなかったのか、すぐ目の前に叩きつけてしまうような形に。さすがの強肩で白球に勢いはあったが、一塁まで小刻みに4回バウンドして届いた。それはもう打者が駆け抜けた後だった。捕球の時点で上がった歓声は一転してため息に変わり、アダメス本人は肩を揺らしながら思わず、笑い出してしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集