[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋礼華、2大会連続メダルへ「気持ち高まってない」と苦笑いも「これくらいが良い」

バドミントンの世界選手権(30日開幕、中国・南京)に出場する日本代表は29日、試合会場での最終練習を行った。前回大会で銅メダルを獲得した女子ダブルスの高橋礼華(日本ユニシス)は、心境を問うと「気持ちは、まったく高まっていない。疲れかな」と苦笑いを浮かべた。

女子ダブルスの高橋礼華は2大会連続のメダルを狙う【写真:Getty Images】
女子ダブルスの高橋礼華は2大会連続のメダルを狙う【写真:Getty Images】

世界選手権、1日の初戦へ向けて調整「逆にこれくらいの方が良いのかなと」

 バドミントンの世界選手権(30日開幕、中国・南京)に出場する日本代表は29日、試合会場での最終練習を行った。前回大会で銅メダルを獲得した女子ダブルスの高橋礼華(日本ユニシス)は、心境を問うと「気持ちは、まったく高まっていない。疲れかな」と苦笑いを浮かべた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大会前には、マレーシアオープン、インドネシアオープン、タイオープンと東南アジアで3連戦。帰国後は代表合宿を行い、現地入りと忙しかった。ただ、初戦は8月1日に行われる予定で猶予がある。これまでにない感覚だという高橋だが「いつも、世界選手権では考え過ぎなところがあるので、逆にこれくらいの方が良いのかなと思います」と特に不安を感じている様子ではなかった。

 会場は、風の影響が少ないと話す選手が多いが、前日よりはシャトルが飛ぶという話もある。高橋は「飛んだり、飛ばなかったり。女子ダブルスはラリーが長くなると思うので、体力勝負で我慢強くできるようにプレーできたら良いと思います」と長期戦を想定して臨む構えを示した。

 高橋とペアを組む松友美佐紀(日本ユニシス)は、小林優吾(トナミ運輸)とのペアで混合ダブルスにも出場する。松友は「風がないということは、普通ということ。気にすることはない。明日、私はミックスダブルスの試合があるけど、女子ダブルスの試合は水曜日から。初戦、自分たちのプレーを1回でも多く出せるように、また1試合でも多くできるように、しっかり頑張りたいと思います」と謙虚な姿勢で大会に臨む心構えを見せた。

 2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した「タカマツ」ペアは、第3シードで大会に臨み、2大会連続のメダル獲得を狙う。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集