[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「オッホホホホ…」 二塁手の絶品“10m級グラブトス”炸裂 解説者も思わず笑う

「オッホホホホ…」 二塁手の絶品“10m級グラブトス”炸裂 解説者も思わず笑う

米大リーグでボテボテのゴロを処理した二塁手が、10メートル近く離れた地点から一塁へグラブトス。打者走者を間一髪で仕留める美技が炸裂した。圧巻のファインプレーの瞬間をMLBが「どうやったんだ」と驚きをもって動画付きで公開。思わず解説者は感嘆の笑い声を上げ、米ファンも「フリスビーのようだ」などと驚いている。

ジョーイ・ウェンデル【写真:Getty Images】
ジョーイ・ウェンデル【写真:Getty Images】

レイズ二塁手ウェンデルの美技に反響「フリスビーのようだ」

 米大リーグでボテボテのゴロを処理した二塁手が、10メートル近く離れた地点から一塁へグラブトス。打者走者を間一髪で仕留める美技が炸裂した。圧巻のファインプレーの瞬間をMLBが「どうやったんだ」と驚きをもって動画付きで公開。思わず解説者は感嘆の笑い声を上げ、米ファンも「フリスビーのようだ」などと驚いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 持ち替える暇なんてなかった。圧巻のグラブトスで脚光を浴びているのは、レイズのジョーイ・ウェンデル内野手だ。

 20日(日本時間21日)のマーリンズ戦、4回先頭の場面だった。ボアが放った二塁方向への打球は高く弾み、マウンドのイオバルディが後方に下がりながら追いかけた。しかし、体勢が悪く二塁手のウェンデルにスイッチ。バウンドした打球を拾い上げた背番号18だったが、打者のボアは一塁到達寸前。すると、次の瞬間だった。

 10メートルはあろうかという位置から左手のグラブを振り、そのまま白球を放り投げたのだ。そして、ボールはノーバウンドで一塁手のもとへ。間一髪のタイミングでアウトにしてみせた。一気に熱狂に沸くスタジアム。実況席も盛り上がり、あまりに美しいプレーに解説者は「オッホホホホ…」と恍惚の笑い声を上げていた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー