[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチン―オランダ戦、W杯史上最多17枚イエローカード 海外メディア報道

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝のアルゼンチン―オランダ戦で大会史上最多となる17枚のイエローカードが出されたと複数の海外メディアが報じている。

大会史上最多となる17枚のイエローカードが出された【写真:Getty Images】
大会史上最多となる17枚のイエローカードが出された【写真:Getty Images】

アルゼンチン―オランダ戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝のアルゼンチン―オランダ戦で大会史上最多となる17枚のイエローカードが出されたと複数の海外メディアが報じている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 両チームのフラストレーションが爆発した。

 アルゼンチンが2-1でリードした後半44分、MFパレデスが自陣右サイドの守備でオランダDFアケに対し、タイミングが遅れて足首を削るように激しくスライディング。さらに奪ったボールをすぐさま蹴り出したが、これが目の前のオランダベンチへ。一連の行動に怒ったオランダベンチが飛び出し、一人の選手がパレデスを激しく突き飛ばした。両チームの選手が集まり、一触即発のムード。最終的にパレデスのイエローカードのみでこの場面は終わった。

 ただ、この日は前半から両チームにイエローカードが乱れ飛ぶ大乱戦に。コーチを含め、大量のイエローカードが出され、延長戦開始時点でオランダは5枚、アルゼンチンは7枚に。さらに延長戦でアルゼンチンに2枚、PK戦から試合終了後にかけてオランダに3枚が追加。PK戦以降でオランダのダンフリースは2枚のイエローカードを受け、レッドカードに。結局、オランダは8枚、アルゼンチンは9枚のイエローカードとなった。

 計17枚のイエローカードは従来の2002年日韓大会のドイツ―カメルーン戦の16枚を上回り史上最多となった。これを複数の海外メディアも報道。ただし、試合中はイエローを受けた選手が取り消された場面もあり、FIFA公式サイトの結果ページではオランダ8枚、アルゼンチン10枚の計18枚と表示されている。情報が錯綜しているとみられるが、それほどの大乱戦であったことは間違いない。

 試合は2-2で突入したPK戦の末にアルゼンチンがPKスコア4-3でオランダを下し、準決勝進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN Beyond

W-ANS-ACADEMY
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集