[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • イングランド指揮官は「真の英国紳士」 PK失敗の相手選手を慰める1枚に海外感動

イングランド指揮官は「真の英国紳士」 PK失敗の相手選手を慰める1枚に海外感動

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でイングランドがコロンビアを1-1(PK4-3)で破り、8強進出を決めた。120分では決着がつかず、最後はPK戦の末の激闘を制したイングランド。指揮官のガレス・サウスゲートが、PKを外したコロンビア選手を慰めるシーンが話題を集めている。英国のジャーナリストが公開すると、ファンの感動を呼んでいる。

イングランド代表監督のサウスゲート氏【写真:Getty Images】
イングランド代表監督のサウスゲート氏【写真:Getty Images】

英ジャーナリストがサウスゲート監督の“男気”シーン公開

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でイングランドがコロンビアを1-1(PK4-3)で破り、8強進出を決めた。120分では決着がつかず、最後はPK戦の末の激闘を制したイングランド。指揮官のガレス・サウスゲートが、PKを外したコロンビア選手を慰めるシーンが話題を集めている。英国のジャーナリストが公開すると、ファンの感動を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 PK戦4人目に登場したコロンビア代表マテウス・ウリベだったが、シュートをクロスバーに当てて外してしまった。続く5人目も外して、イングランドの勝利が決定した。

 死闘に決着がつけられた後だった。イングランドを率いるサウスゲート監督は、ウリベのもとに歩み寄ると、そっと肩を抱き寄せ、ユニホームで涙をぬぐうように顔を覆う相手を慰めている。喜ぶよりも、失敗した相手を気遣うシーンは、まさにスポーツマンシップに溢れている。

 この2人の写真をインスタグラムで公開しているのは、かつてイギリス紙「デイリー・ミラー」や「サン」などで編集者として勤めていた現サッカー評論家のピアース・モーガン氏だった。

 同氏は写真と共に、こうつづっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー