[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MVPジャッジ、ドッキリ番組のまさかの扮装に米笑撃「指差す少年ファンにグッとくる」

米大リーグのア・リーグMVPに選出されたアーロン・ジャッジ外野手が、米国でドッキリに挑戦していた。トークショーで仕掛け人としてファンたちにサプライズ。米テレビ局が動画を公開すると、米ファンに「彼らの反応が全てだ!」「指差す少年ファンにグッとくる」と笑撃を与えた。

アーロン・ジャッジが米国でドッキリに挑戦【写真:Getty Images】
アーロン・ジャッジが米国でドッキリに挑戦【写真:Getty Images】

ジャッジが球審に扮装、米注目「美しいアイディアだ」

 米大リーグのア・リーグMVPに選出されたアーロン・ジャッジ外野手が、米国でドッキリに挑戦していた。トークショーで仕掛け人としてファンたちにサプライズ。米テレビ局が動画を公開すると、米ファンに「彼らの反応が全てだ!」「指差す少年ファンにグッとくる」と笑撃を与えた。

 振り返ると、そこにはスーパースターがいた。球審の扮装をしたジャッジと米司会者のジミー・ファロンが出演。ターゲットはホームベースが置かれたバッターボックスに立たされる。司会者が捕手役を務め、ジャッジは球審を担当。投手方向から写真を撮ると、ジャッジと記念撮影にもなっているという仕掛けだ。

 ネタバラシされたファンたちは次々と仰天。女性ファンは「うそでしょ! 体が震えているわ!」と悲鳴を上げた。ジャッジのユニホームを着た少年は、まさかの扮装に目が点に。捕手がストライクとアピールする一方、「明らかにボールだ」と冗談交じりに語り掛けるMVP男。少年は小声で「ボール……」と同調し、微笑ましい光景が広がった。

 動画を公開した米テレビ局「NBC」のトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」公式ツイッターは、文面に「ジミーと2022年のア・リーグMVPアーロン・ジャッジが、捕手と審判に扮してニューヨーク市のファンにサプライズ!」と記して投稿。米ファンからは称賛の声などを上がった。

「彼らのリアクションが全てだ!」
「なんて素晴らしく美しいアイデア」
「ニューヨークのキング」
「彼が出ていったら泣いちゃう」
「ジャッジがどこにも行かないという証拠」
「最後の女の子が最高」
「傑作」
「少年が指を差しているところにグッとくる」
「この少年たちよ! これは素晴らしい」

 ジャッジは今季ア・リーグ新記録の62本塁打をマーク。エンゼルスの大谷翔平投手とMVP争いを繰り広げ、球界を盛り上げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集