[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

熱演りくりゅう、世界歴代5位78.25点に海外記者も感激「極めてレベルの高い演技」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯は18日、札幌でペアのショートプログラム(SP)が行われた。今季GPシリーズ第2戦スケートカナダで優勝した三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は、自己ベスト78.25点で首位発進。世界歴代5位の高得点に対し、海外メディアは歓喜の画像付きで「なんて美しいスケート」と伝えた。

NHK杯で自己ベストの78.25点を記録した三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】
NHK杯で自己ベストの78.25点を記録した三浦璃来、木原龍一組【写真:ロイター】

NHK杯

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯は18日、札幌でペアのショートプログラム(SP)が行われた。今季GPシリーズ第2戦スケートカナダで優勝した三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は、自己ベスト78.25点で首位発進。世界歴代5位の高得点に対し、海外メディアは歓喜の画像付きで「なんて美しいスケート」と伝えた。

 昨季世界選手権銀メダルペアのりくりゅうが熱演した。冒頭のトリプルツイストに成功。息の合ったジャンプ、力強いリフトで客席の日の丸を揺らした。喝采を浴びると、フィニッシュ時に2人そろって満面の笑み。キス・アンド・クライで得点を聞くと、歓喜のリアクションを取った。

 歓喜の名場面の画像を公開したのは、海外フィギュアスケート専門サイト「ゴールデンスケート」の公式ツイッター。文面では「ワオ、世界2位によるなんて美しいスケート 全く本当に素晴らしい! 78.25 自己新記録!」と感激まじりに称賛した。さらにカナダ紙「グローブ・アンド・メール」の元記者で、現在はスポーツジャーナリストのバーバリー・スミス氏もツイッターにこう記した。

「リク・ミウラとリュウイチ・キハラが極めてレベルの高い演技を披露。この日本人ペアから目が離せない。ラブリー・スピリット。78.25点でベストスコアを4点近くも更新したことにミウラは驚いているようだ」

 今大会で上位に入れば、12月のGPファイナル(トリノ)進出となる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集