[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本の采配を韓国の国民的スターが酷評 「韓国は美しく脱落、日本は醜く進んだ」

日本の采配を韓国の国民的スターが酷評 「韓国は美しく脱落、日本は醜く進んだ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。韓国紙「中央日報」によると、同国内での中継で解説を務めた元韓国代表FWアン・ジョンファン氏が日本の終盤のボール回しについて、辛辣なコメントをしていたという。

西野朗監督(左)率いる日本の采配をアン・ジョンファン氏が酷評【写真:Getty Images】
西野朗監督(左)率いる日本の采配をアン・ジョンファン氏が酷評【写真:Getty Images】

日韓大会のスター、アン・ジョンファン氏が日本の戦い方を酷評

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。韓国紙「中央日報」によると、同国内での中継で解説を務めた元韓国代表FWアン・ジョンファン氏が日本の終盤のボール回しについて、辛辣なコメントをしていたという。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本は後半14分にポーランドに先制を許す展開。同時刻のH組のもう1試合。セネガル-コロンビア戦も後半の29分に、コロンビアがセットプレーから均衡を破った。

 このまま終わればコロンビアが首位通過。日本とセネガルは勝ち点4で並ぶだけでなく、得失点差、総得点でも並び、フェアプレーポイント(日本=警告4、セネガル=警告6)の差で日本が2位。この情報が伝わるや、ビハインドにも関わらず、積極的に攻めるのをやめ、ボール回しに終始。このままのスコアで終わらせることを選択した。

 同紙によると、韓国の放送局MBCで解説を担当したアン・ジョンファン氏は「1分間、攻撃をしなければファウルを宣言するためのルールを作成するべき。全世界で数多くのファンが見ているのに、このような姿はサッカーファンへの礼儀ではない」と厳しく指摘した。

 また「私たちは、美しく脱落したが、日本は醜く(16強)に進んだ」と自国の韓国と比較し、日本に厳しい視線を送っていたという。

 アン・ジョンファン氏は2002年の日韓W杯で活躍し、国民的スターに。日本の横浜F・マリノスでもプレーした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー