[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、終盤のボール回しに海外ファン辛辣 「突破に値しない」「ノーサムライ」

日本、終盤のボール回しに海外ファン辛辣 「突破に値しない」「ノーサムライ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。終盤約10分間の消極的な戦術に、海外ファンは大ブーイング。「ノーフェア、ノーサムライ」などと批判的な見方が相次いでいる。

海外ファンからは「突破に値しない」とコメントが多い日本【写真:Getty Images】
海外ファンからは「突破に値しない」とコメントが多い日本【写真:Getty Images】

消極的な戦術で突破の日本に海外ファン大ブーイング

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。終盤約10分間の消極的な戦術に、海外ファンは大ブーイング。「ノーフェア、ノーサムライ」などと批判的な見方が相次いでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 後半14分にポーランドに先制を許した日本。一方で、同時刻のH組のもう1試合。セネガルーコロンビア戦も後半29分に、コロンビアがセットプレーから均衡を破った。

 このまま終わればコロンビアが首位通過。日本とセネガルは勝ち点4で並ぶだけでなく、得失点差、総得点で再び並び、フェアプレーポイント(日本=警告4、セネガル=警告6)の差で日本が2位。この情報が伝わるや、日本は積極的に攻めるのをやめ、ボール回しに終始し、このままのスコアで終わらせる戦術を取った。

 会場のファンから大きなブーイングを浴びたが、W杯公式ツイッターがこの試合の結果を受けて「ポーランドが初勝ち点獲得、日本は決勝トーナメントに入り込む」とツイート。すると、コメント欄には海外のサッカーファンからの辛辣なメッセージが相次いでいる。

「恥ずかしい試合」
「日本フェアプレーは?」
「日本のラスト10分は恥ずかしい、ワールドカップであの光景は見たくない」
「グループリーグ突破に値しない」
「ノーフェア、ノーサムライ」

 日本でも「立派な戦術」「こういう日本は見たくなかった」などと賛否を呼んでいたが、海外のファンからするとフラストレーションがたまる内容だったようだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー