[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全裸計量→42秒挑発フェイスオフ 取材拒否のWBO王者に岩田翔吉「ぶっ飛ばしてやる」

ボクシングのWBO世界ライトフライ級2位・岩田翔吉(帝拳)は、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)する。10月31日には都内のホテルで前日計量に臨み、岩田はリミットを100グラム下回る48.8キロ、ゴンサレスは48.9キロで一発パス。恒例のフェイスオフでは42秒もにらみ合った。

フェイスオフでは42秒にらみ合ったジョナサン・ゴンサレス(左)と岩田翔吉【写真:浜田洋平】
フェイスオフでは42秒にらみ合ったジョナサン・ゴンサレス(左)と岩田翔吉【写真:浜田洋平】

ライトフライ級ダブル世界戦の前日計量

 ボクシングのWBO世界ライトフライ級2位・岩田翔吉(帝拳)は、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)する。10月31日には都内のホテルで前日計量に臨み、岩田はリミットを100グラム下回る48.8キロ、ゴンサレスは48.9キロで一発パス。恒例のフェイスオフでは42秒もにらみ合った。

 壇上に火花が散った。岩田とゴンサレスがフェイスオフ。始まった瞬間、王者がグイっとにじり寄った。互いの顔は数センチの距離。威嚇する王者に対し、ガムを噛む岩田はニヤつきながら受けて立った。30秒ほどで関係者から「もういいよ」と声が飛ぶ。スタッフが制止に入ったが、両者は離れようとせず。最後は手を引かれるような形で終わった。

 岩田は計量後に取材に応じ、「あとはやるだけ」と準備万端。「フェイスオフをして、ぶっ飛ばしてやるという気持ちになった」と臨戦態勢に入った。42秒は異例の長さだが、「いよいよやるべき時が来たなという気持ちを噛み締めていました」と最中の心境を明かした。

 相手の印象については「小さいなと。僕より小さいですよね」とチクリ。「リカバリーはいつも通り食事をする」と母の雑炊などで回復するという。

 一方、ゴンサレスはパンツを脱いで全裸で計量。関係者にボードを持ってもらい、下半身を隠しながら計量台に乗った。リミットでパスし、ドヤ顔でガッツポーズ。その後は通訳が報道陣を代表して質問し、コンディションについて「フィジカル的に良好だ」とコメントした。試合に向けては「自分のスタイルで戦う」と回答。短い応対だったため、通訳が追加でコメントを求めようとしたが、「ノーだ」と拒否したという。

 今回はダブルメインカードとして、WBC世界同級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が王座統一戦を行う。前日計量は寺地が48.6キロ、京口が48.8キロで一発クリア。10年ぶり2度目となる日本人同士の王座統一戦の舞台が整った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集