[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗VS京口紘人、両者計量パス! 10年ぶり日本人同士の王座統一戦が無事成立

ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。10月31日には都内のホテルで前日計量が行われ、寺地は48.6キロ、京口は48.8キロでクリア。10年ぶり2度目となる日本人同士の王座統一戦の舞台が整った。

都内のホテルで前日計量に臨んだ寺地拳四朗(左)と京口紘人【写真:浜田洋平】
都内のホテルで前日計量に臨んだ寺地拳四朗(左)と京口紘人【写真:浜田洋平】

ライトフライ級ダブル世界戦の前日計量

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。10月31日には都内のホテルで前日計量が行われ、寺地は48.6キロ、京口は48.8キロでクリア。10年ぶり2度目となる日本人同士の王座統一戦の舞台が整った。

 寺地は計量10日前から断食。固形物は一切口にせず、野菜、果物、海藻などを凝縮した酵素ドリンク「優光泉」を補給してきた。京口は24日から都内に一軒家を借り、陣営とともに泊まり込みで調整。ワタナベジムの深町信治マネジャーが作る減量メニューや果物などを食し、順調に体重を落としていた。

 WBC王座を8度防衛したことのある寺地と、4度防衛中の京口のビッグマッチ。日本人同士の王座統一戦は、2012年6月にWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔がWBA王者・八重樫東に判定勝ちして以来、10年ぶり2度目となる。

 今回はダブルメインカードとして、WBO同級2位・岩田翔吉(帝拳)が王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に世界初挑戦。同じ階級の3団体の王者が同日同会場で試合をする異例の興行となる。岩田は48.8キロ、ゴンサレスは48.9キロで前日計量をパスした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集