[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子、復活Vの裏で「このショットは凄かった」と話題 2位選手も「トドメの一打」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。4バーディー、4ボギーと苦しんだラウンドだったが、優勝を決定づけたのは17番パー4のスーパーショット。2位の川崎春花(村田製作所)も「トドメの一打を打たれた」と脱帽した一打を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介すると、ファンからも「この17Hのショットは凄かった」との声が寄せられた。

11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】
11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】

17番第2打で放ったスーパーショットにファンも「痺れました!」

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。4バーディー、4ボギーと苦しんだラウンドだったが、優勝を決定づけたのは17番パー4のスーパーショット。2位の川崎春花(村田製作所)も「トドメの一打を打たれた」と脱帽した一打を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介すると、ファンからも「この17Hのショットは凄かった」との声が寄せられた。

 ここ一番でキンクミが意地を見せた。2位の川崎に1打差に迫られていた17番パー4、金田は残り160ヤードから第2打を放った。グリーン手前に着弾させると、そのままピン方向に転がり、1メートル手前につけるスーパーショット。会場からは大歓声が上がり、張り詰めた表情でプレーしていた金田に笑みが浮かんだ。楽々とバーディーを決め、このホールで2位と2打差に。大きな、大きな一打となり、11年ぶりの優勝を手繰り寄せた。

 ラウンド後、2週連続優勝を狙っていたスーパールーキー・川崎が「あれがトドメの一打を打たれた感じがします。悔しいですけど、金田さんには気持ちの強さを感じましたし、『すごいな』と思いました」と唸った一打。JLPGA公式インスタグラムも「金田久美子、ここ一番で魅せた。17番で優勝を手繰り寄せる一打を放つ…」と紹介し、脚光を浴びせた。すると、ファンからも「優勝のプレッシャーの中、この17Hのショットは凄かった」「技ありウイニングショット」「気合いの一打」「痺れました!」「これで勝負を決めた!」などの声が寄せられ、復活Vの裏でキンクミの技術が称賛されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集