[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウドの“肘打ち”イエローに相手指揮官激怒 「エルボーはレッドカードだ」

C.ロナウドの“肘打ち”イエローに相手指揮官激怒 「エルボーはレッドカードだ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、FWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”が波紋を呼んでいる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが提示されたが、イランのカルロス・ケイロス監督は「ルール上レッドカードだ!」と激怒している。英紙「ガーディアン」が報じている。

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

イラン率いるケイロス監督はC.ロナウドの“肘打ち”に怒り心頭

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、FWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”が波紋を呼んでいる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが提示されたが、イランのカルロス・ケイロス監督は「ルール上レッドカードだ!」と激怒している。英紙「ガーディアン」が報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 1-0で迎えた後半38分。ボールとは関係ない場面だった。ロナウドは体を寄せてきたDFモルテザ・プーラリガンジとの競り合いの際、左手で相手を払いのけるような動作をした、次の瞬間、プーラリガンジは顔を押さえ、ピッチに倒れ込んだ。このプレー後に、イラン側は抗議。主審はVARで確認の後、イエローカードを出した。

 ファンの間でも賛否両論が広がっている、このイエローという裁定にイランのポルトガル人指揮官は怒り狂っている。

「ガーディアン」は「イランのカルロス・ケイロスがクリスティアーノ・ロナウドがVARを免れたことについてFIFAを非難」と見出しをつけて、ケイロス監督の怒りのコメントを伝えている。

「VARのために試合を止めて、エルボーがあった。エルボーだ。エルボーはルール上レッドカードだ。ルールには“メッシかロナウドの場合は”なんて書いてない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー