[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウドの“肘打ち”に南米ファンも賛否「退場が相応しい」「カードにもならない」

C.ロナウドの“肘打ち”に南米ファンも賛否「退場が相応しい」「カードにもならない」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、波紋を呼んでいるのはFWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”だ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが提示されたが、英メディアは決定的瞬間の画像を公開。また、目の肥えた海外ファンは「カードにすらあたらない」「2人にイエロー、これが正しい」「退場がふさわしい」と賛否が分かれている。

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

イラン戦で演じたプレーに海外ファン問いかけ「CR7は退場になるべきだった?」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、波紋を呼んでいるのはFWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”だ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが提示されたが、英メディアは決定的瞬間の画像を公開。また、目の肥えた海外ファンは「カードにすらあたらない」「2人にイエロー、これが正しい」「退場がふさわしい」と賛否が分かれている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 1つのプレーがサッカー界に賛否を呼んだ。1-0で迎えた後半38分。ボールとは関係ない場面で、ロナウドは体を寄せてきたDFモルテザ・プーラリガンジと競り合うと、相手を払いのけるような動作をした。次の瞬間、プーラリガンジは顔を押さえ、ピッチに倒れ込んだ。これを受け、イラン側は抗議。主審はVARで確認の後、イエローカードを提示した。

 思わず、ロナウドも苦笑いした判定。決して強い当たりには見えなかったが、英紙「ザ・サン」のサッカー専用アカウントはツイッターでロナウドがプーラリガンジと接触する決定的瞬間の画像を公開している。確かにロナウドの腕がプーラリガンジの顔に触れてはいるが、肘が入っているかは微妙なところだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー