[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子が涙、涙のV 15秒声を詰まらせ「本当に本当に…」 元・天才少女に4207日ぶりの歓喜

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で通算2勝目を飾った。2位は通算7アンダーの川崎春花(村田製作所)、3位は通算6アンダーの佐久間朱莉(大東建託)と川岸史果(加賀電子)。5か月ぶりに国内参戦した渋野日向子(サントリー)は通算3アンダーで9位だった。

11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】
11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】

樋口久子 三菱電機レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で通算2勝目を飾った。2位は通算7アンダーの川崎春花(村田製作所)、3位は通算6アンダーの佐久間朱莉(大東建託)と川岸史果(加賀電子)。5か月ぶりに国内参戦した渋野日向子(サントリー)は通算3アンダーで9位だった。

 ウィニングパットを沈めると、金田の目から涙があふれた。キャディーから水をかけられ、手荒い祝福。「天才少女」と呼ばれたキンクミが、33歳になり、ついに2勝目を掴んだ。表彰式で歓声を浴びると再び目を潤ませ、優勝スピーチで歓喜の胸中を明かした。

「ええ、何を喋ればいいだろう。本当に、2勝目をできることを目標に、日々トレーニングに、練習に、本当に……」と言うと15秒間、声を詰まらせて涙をこらえ「本当に、諦めずに頑張ってきて良かった」と言葉をつないだ。「喋るの苦手で……お父さんに感謝です。支えてくれたマネージャーさん、ギャラリーの皆様、チームのみんな、本当にありがとうございました。これからも3勝目を目指して、ベテランですが、若い子に負けないように頑張ります」と語り、大きな声援を浴びた。

 苦しんだラウンドだった。背中に大胆なドクロマークがデザインされたウェアをまとった金田は、1番パー5で幸先良くバーディーを取ったものの、2、5番のパー4でボギー。ショットを寄せ切れず、2、3メートルのパットも決め切れない。9番パー5でバーディーを奪ってサンデーバックナインに突入したが、11番パー4で2メートルのパーパットがカップに嫌われ、2位の19歳川崎春花についに1打差に迫られた。

 それでも、14番パー4で意地のバーディーを奪取。15番パー3でボギーを叩いたが、17番パー4で第2打をピンそばにつける、この日一番のスーパーショットでバーディー。勝負所で底力を発揮し、逃げ切った。ウイニングパットを沈めると、目から涙があふれた。

 8歳で世界ジュニア選手権(10歳以下の部)を優勝。タイガー・ウッズに並ぶ記録を作り、中学時代は国内ツアーで優勝争いするなど「天才少女」と騒がれた。そんなキンクミも33歳に。最終日を首位で迎えるのは、2013年6月のサントリーレディス以来だったが、重圧に負けず、21歳だった2011月5月のフジサンケイレディス以来、11年189日ぶりとなる史上最長ブランクVを飾った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集