[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元世界王者・岩佐亮佑、体重超過選手に4回KO勝ち ハンデに「怖かったっすよ、本当に」

ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)は25日、東京・後楽園ホールの62.0キロ契約10回戦でゼネシス・カシミ・セルバニア(カシミ)に4回1分46秒KO勝ちした。世界王座陥落から1年6か月ぶりの再起戦で、2019年12月7日以来1053日ぶりの白星。前日計量を62.6キロで体重超過した相手を退けた。観衆は1382人。戦績は岩佐が28勝(18KO)4敗、セルバニアが34勝(16KO)4敗。

再起戦で4回1分46秒KO勝ちした岩佐亮佑【写真:浜田洋平】
再起戦で4回1分46秒KO勝ちした岩佐亮佑【写真:浜田洋平】

岩佐亮佑が1年6か月ぶり再起戦

 ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)は25日、東京・後楽園ホールの62.0キロ契約10回戦でゼネシス・カシミ・セルバニア(カシミ)に4回1分46秒KO勝ちした。世界王座陥落から1年6か月ぶりの再起戦で、2019年12月7日以来1053日ぶりの白星。前日計量を62.6キロで体重超過した相手を退けた。観衆は1382人。戦績は岩佐が28勝(18KO)4敗、セルバニアが34勝(16KO)4敗。

 初回、サウスポーの岩佐は右ジャブで様子を見る静かな立ち上がり。2回以降もジャブを中心に組み立て、ガードの隙間からパンチを当てた。決着は4回。距離が詰まったところで左アッパーをモロに当てた。相手は尻もちでダウン。そのまま立ち上がれなかった。

 リング上では「皆さん本当にご無沙汰してます。海外でやってきて前回負けてしまって、4年半ぶりの日本。デビューしたことからずっと応援してくれる人の前で試合ができて嬉しく思います」と挨拶。「怖かったっすよ、本当に。57キロ契約から急きょ変わって、プロスポーツでいろんなことがある。いろんなことがあったけど、勝つことができた。皆さんのおかげです」と感謝した。

 当初、この試合は57.1キロ以下のフェザー級で発表されていたが、落とせないことを理由にセルバニアが岩佐陣営に契約体重を上げるように要望。59キロ、62キロと2度、引き上げていた。さらに24日の前日計量は62.6キロで体重超過。2時間以内に再計量できたものの、1度目でギブアップした。

 異例の状況により、岩佐は減量終盤に難しい微調整を強いられた。普段の65、6キロからの減量幅は小さくなったとはいえ、慣れない体重での減量。それでも、最後は61.8キロまで落とし、プロとしてルールを守っていた。

 岩佐は17年9月にIBF世界スーパーバンタム級王座を奪取。初防衛後の18年8月に王座を失ったが、19年12月に同級暫定王座決定戦を11回TKOで制して返り咲いた。しかし、昨年4月にWBAスーパー&IBF統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)との王座統一戦で5回TKO負け。ストップのタイミングに対し、海外メディアやファンから「早すぎる」との声が上がるなど不完全燃焼に終わっていた。

 現役引退もよぎりながら試合1か月半後に再起を発表。今年12月に33歳になる。日本での試合は4年2か月ぶり。フェザー級での世界王座奪取に向け、ドタバタがあった再起戦を終えた。

 岩佐は「この試合で勝っても、負けても引退という文字も頭に正直ありました。やり切れれば、納得できればいつでも辞めれる覚悟ができています。だからこそ、失うものがないから、怖いものがないから突っ込んでいける。いろんな選手に挑戦できる。フェザー級という階級は簡単にはいかないいけど、一つ扉が開いたので、また次の扉の前に行って戦ってきます」と世界王座を見据えた。

 元WBOアジアパシフィック・フェザー級王者のセルバニアは世界王座挑戦の経験もある。近年はWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーを務めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集