[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が仕掛けた“罠”に南米注目 「完璧に機能、まるでキャプテン翼のようだった」

サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2で引き分けた。勝ち点を4に伸ばし、グループリーグ突破に前進した。MF本田圭佑の同点弾など2度にわたり追いついた粘り強い攻撃が称賛を浴びているが、南米メディアが注目しているのは、日本の見事なオフサイドトラップだ。

セネガル戦に出場した日本代表・吉田麻也【写真:Getty Images】
セネガル戦に出場した日本代表・吉田麻也【写真:Getty Images】

前半45分、セネガルのFKの場面で仕掛けたオフサイドトラップに南米メディアが注目

 サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2で引き分けた。勝ち点を4に伸ばし、グループリーグ突破に前進した。MF本田圭佑の同点弾など2度にわたり追いついた粘り強い攻撃が称賛を浴びているが、南米メディアが注目しているのは、日本の見事なオフサイドトラップだ。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 1-1の前半の45分。日本は自陣の右サイドでセネガルにFKを与えたが、ここで“罠”を仕掛けた。セネガルのキッカーがボールを蹴り込む瞬間、横に並んだ日本の8人のディフェンスラインが一気に上がり、セネガルの5人をオフサイドポジションに置き去りにした。お手本のような見事なオフサイドトラップでピンチを脱出したのだ。

「『キャプテン翼』レベル:日本がセネガルにオフサイドトラップ」

 こう見出しを付けて、オフサイドトラップにスポットライトを当てているのは、ペルーメディア「Depor.com」だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集